2005年12月16日

完全復活!セファリック

ということで、パソコン復旧しました。
というか、昨日の夜には復旧しました。
セファの言うとおり、バッテリー一回抜いてみたら直りました。
ウソです。
そんな方法で直るわけありません。
それなりに苦戦しましたが、結構あっさり直って拍子抜けしました。
うちのパソコンは、持ち主似の聞き分けのいいいいやつでした。
再インストールなど過激な手法を取らなくて本当によかったです。
パソコンと辛抱強く対話した、小生の忍耐力の勝利といったところでしょうか。
この対話路線、小泉首相にも是非見習って欲しいところです。
相変わらず、セファの助言はまったく役に立ちませんでした。
posted by Aorta at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察じゃない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

パソコンは もうこりごりだ セファリック

ウチのパソコンがシャカになりかけました。
インターネットにつなげません。
今は、セファのパソコンで投稿しています。
ということで、実家に帰ります。
パソコンがなおったらまた投稿します。
アマゾンよろしくね。
posted by Aorta at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察じゃない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

セファリック始めました。

セファリックじゃなくてアマゾンアフィリエイト始めました。
決して小銭稼ぎのためではありません。
小銭稼いでアマゾンで本を買おうなんてことはこれっぽちも考えていません。
ひとえにみんなにいい本を読んで欲しい!という純粋な思いからです。
すいません、ウソです。
ほんとは小銭が欲しいです。
いろいろ本が欲しいです。
今度はウソじゃないっす。
ということで、アマゾンに御用のときは小生のブログを通してお願いしますね。
posted by Aorta at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察じゃない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

髪を切ったセファリック

最初に断っておきますが、髪を切ったのはセファ(ヒジ王)ではなく小生です。
久しぶりに髪を切りました。
ほぼ5ヶ月ぶりくらいです。
かなりさっぱりしました。
むしろさっぱりしすぎて寒いです。
今日は小雪がちらつくような寒い1日でした。
髪を切ったことを少なからず呪いました。

髪を切られるまで、少々の待ち時間があったので小生本を読むことにしました。
小生のかばんにはこの夏からずっと「ゲーテ格言集」なる文庫が入っています。
時間があるときにちょくちょく読んでいます。
ウソです。
ほとんど読んでいません。
ただ、かばんに入っているだけで何か知的なにおいがするので入れています。
無駄にぼろぼろになってきています。
今日は魔がさしたので読んでみました。
ゲーテ曰く、「人生は悪しき冗談なり。」だそうです。
小生もいつかはこんなことが言える人間になりたいです。

そういえば、近々アマゾンのアフィリエイトを始める予定です。
もしアマゾンでお買い物をするなら小生のブログを通してくれるとありがたいです。
小生の懐が少し暖かくなります。
posted by Aorta at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察じゃない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

ウサギとセファリック

今日はセファにあっていないのでセファ関係なしの話題です。
セファ関係ないときはですます調になります。
これから冬休みなのでしばらくはこの調子かもしれません。

yahooで気になるニュースを見つけました。
「医学生、ウサギ解剖しブログに」
宮崎大学の医学部の2年生みたいです。
同じ医学生としてとてもじゃないが許せません。
何が「ウサギ狩り部」ですか?
モラルと常識がなさ過ぎます。
教授会にかけるまでもなく退学でしょう。
うちの大学でこんなことしようものならマキコに殺されます。
ホントにウサギがかわいそうです。
うちの子ネズミとともにウサギの冥福を祈ります。
posted by Aorta at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察じゃない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

ネコ踏んじゃったセファリック

小生、今日は少々遠出して買い物に出かけた。
小生買い物が大好きである。
普段はかなりの貧乏性で倹約家だが、実はお金を使うのが大好きだったりする。
だが、やはり基本的には貧乏性なので、ウィンドウショッピングや、CDの試聴や、本の立ち読みだけで店を去ることもしばしばである。
今日も、よく行く店で服を買った以外は特に何も買わず、ぶらぶらしていた。
実は、服以外にも買ったものがある。
それは色鉛筆である。
無印良品で12色400円のものを買った。
小生、大学の講義で最近色鉛筆をよく使う。
今まで使っていた色鉛筆は100円ショップで買った。
12色100円という破格のお値段である。
その破格のお値段を裏切らず、品質も破格である。
実はセファも同じ色鉛筆を使っているのだが、紫色の発色の具合が小生のものとセファのもので異なるのである。
セファのは紫なのだが、小生のは青と紫を足して2で割ったような色である。
そんな無茶苦茶な品質に加え、セファに借りた鉛筆削りに芯を折られまくったせいで、小生の色鉛筆はもうボコボコである。
しかし、無印の鉛筆を買った今、その色鉛筆ともおさらばである。
もう、小生は恐いものなしである。
さらに、セファの鉛筆削りにもうこれ以上罪のない芯を折られないために、鉛筆削りも買っておいた。
小生、さらに恐いものなしである。

そろそろ長くなってきたので終わりにしようと思ったのだが、このままではタイトルと内容がまったく関係なくなってしまうので、もう少し書くことにする。

無印の他にもいろいろな店に行った。
雑貨屋さんで、2年位前から気になっているタイの公衆電話(\29,800)がまだ売れていないことを確認して安心したり、本屋でいろいろな本を立ち読みしたりした。
さらに、CDショップと楽器店が組み合わさったYAMAHAなる店に行ったりもした。
そこではかなり長居した。
CDを試聴したり、買うつもりもないCDをいろいろ漁ってみたりした。
さらには、そこらへんにいろいろ置かれている楽器で遊んだりもした。
エレキドラムをたたきまくったり、適当に歌うだけで簡単に吹けるトランペットを吹いたりした。
小生の連れの人はピアノを習っているらしいので、ピアノを弾いていた。
小生も対抗してひいてみることにしたが、まったく習ったこともなくぜんぜん弾けなかった。
それを見かねた連れの人が小生にネコ踏んじゃったを教えてくれた。
一見簡単そうに思えたが、実は結構複雑だった。
小生のネコはかなりすばしっこく、小生が必死で踏もうとしてもしばしば逃げてしまいうまく踏めなかった。
ネコじゃないものをいろいろ踏んでしまってYAMAHAの人には本当に迷惑をかけた。
しかし、そんな小生もちょっと練習してうまくなった。
絶妙のタイミングでネコのシッポを踏んじゃえるようになった。
小生、これを機にピアノに目覚めるかもしれないことはないなと思った。
しかし、音楽が出来る人間はやはりいいなーと思った。
そういえば、セファはピアノが弾けるらしいが、残念ながらいいなーと思ったことはない。
さすがセファである。
posted by Aorta at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 観察じゃない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

白石さんとセファリック

小生今日が帰省4日目である。
地元の知人と会うために今日は待ち合わせをしていた。
小生待ち合わせにはだいたい本屋か図書館を使う。
今日は月曜で図書館は休みなので本屋で待ち合わせをした。

小生本屋で立ち読みするのが大好きである。
ハードカバーの厚い本を立ち読みで何冊も読破したこともある。

今日も本屋でしばらく時間があったので立ち読みすることにした。
今日の立ち読みに選んだのは、最近巷で話題の「生協の白石さん」である。
知っている人も多いだろうが、世の中に疎いセファのために一応説明しておこう。
「生協の白石さん」とは、東京農工大の生協の一言カードの返事を書いている人である。
その白石さん、かなりいい人である。
生協とはまったく関係ないひと言にも、かなりまじめにウィットに富んだ返事を書いている。
かなり面白い。
すぐに読めて立ち読みにはぴったり。

実は小生も、大学の生協でひと言カードを書いたことがある。
それは、ちょうど一年位前の秋だった。
その秋は台風が猛威を振るい、農作物がかなりの不作だった。
特にキャベツなんかはかなり不作で、価格がかなり高騰していた。
そのあおりを受け、生協の食堂のおかずに添えられる刻みキャベツが消滅の危機に瀕していた。
その危機に乗じて、おかずの脇に姿を現そうとしていたのがミックスベジタブルである。
あの、グリーンピース・にんじん・コーンの3色野菜である。
あれはおかずの添え物にするものでは断じてない。
シチューだとか、焼き飯だとかに混ぜて食べるものである。
あれをそのまま茹でて、それだけで食べるものでは決してない。
小生、トンカツの添え物にミックスベジタブルが出てきたときは正直凹んで、思わずひと言カードにミックスベジタブルはやめてください。と書いてしまった。
返事を楽しみにしていたら、ある日張り出されていた。
それには、値段等を考えて仕方ないので我慢してくださいと書かれていた。
しかし、翌週のメニューではミックスベジタブルは駆逐され、キャベツが復活していた。
やはりキャベツはうまかった。
ひと言カードを書いてよかったと思った。
小生が通っている大学でキャベツが復活したのは、もしかしたら小生のひと言カードのおかげかもしれない。
セファも感謝しましょう。
posted by Aorta at 20:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 観察じゃない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

トリックを見たセファリック

今回もセファとはまったく関係ない記事である。

小生トリックが大好きである。
ドラマの1回目から映画版まですべて録画している。
特に第1シーズンと第2シーズンは何度となく見ている。
はっきり言ってマニアである。
かなりマニアックである。

そんなトリックが約2年ぶりに帰ってきた!
小生この日を心待ちにしていた。
1ヶ月くらい前からかなり楽しみにしていた。

そんな楽しみにしていたトリックであるが、まあまあ面白かったのではないだろうか。
構成としては、ほとんど新しい要素はなかった。
話の骨格は第1シーズン第1話「母の泉」とほとんど同じである。
占い師が出てきて、田舎になんか怪しそうな施設作って、水がどうしたとか、強欲そうな副官がいたりとか、最後にすべてがばれて毒で自殺だとか、インチキなのに感謝の声がいっぱいだったりだとか、迷子の子猫ちゃんだとか、エドモンド大学だとか、似ているところをあげていけば枚挙にいとまがない!(亀岡山梨県会議員風)
どうせかぶるのであれば、チャダとか、かみ隠しとか、ドドリゲスとか、新渡戸稲造が笑ってるぞ〜とか、椎名桔平岩とかもっといろいろやって欲しかった。
マニアックな話なのでわからない人は流してください。
とはいえ、随所に小ネタがちりばめられていて面白かった。
トリックの解明は相変わらず適当だった。
いつものことなので別にいいんですけど。

とにかく、トリックは1回見たくらいではまったく楽しみきれていないので、これからまた何回も見てその魅力を存分に楽しもうと思う。

今回見逃してしまった人も、絶対に友達のうちの誰かはビデオにとっているはずなので貸してもらいましょう。
最高に面白いです。
posted by Aorta at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 観察じゃない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

ジェイソンさんとセファリック

今日はセファに会っていないので、特にネタはない。
と言うことで、今日は自分の日記を書いてみよう。
と言うことで、カテゴリも「観察日記」ではなく、「観察じゃない日記」にしてみた。

それはともかく、今日は小生買い物に行った。
何を買いにいったかと言うと、ずばりケータイである。
小生のケータイは数ヶ月前から調子が悪く、通話もままならない。
着信は出来るのだが、相手の声はまったく聞こえてこない、たぶん自分の声も相手にまったく聞こえていないはずである。
1年以上前からカメラも使えないので、小生のケータイはもっぱらメール専用になっている。
ときどき電話がかかってくるが、とっても相手の迷惑になるだけなのでとらない。
本当に悪いことをしているとは自覚しながらも放置してきた。
しかし、それはダメだと一念発起し、今日はケータイを買いに行った。

結論から言うと、ケータイは買えなかった。
小生は某D○c○m○(←一応伏字にしたつもり)の第2世代のケータイを使っているので、第2世代のままいくか、第3世代にするか激しく迷ってしまったのである。
小生新しい物好きである。
新しいものに心惹かれるが、かといって、そんなに多機能のものを使いこなすつもりは毛頭ない。
電話とメールとカメラぐらいがあれば一応それで十分である。
小生かなりの優柔不断なので、今日はあきらめた。
これを読んだ心優しい人はぜひとも小生にアドバイスをください。

そんなこんなでケータイをあきらめた小生は、そこらへんをふらつくことにした。
某L○FTに行ったり、某T○werレコードに行ったりした。
CDを試聴しまくったりした。
フジファブリックのニューアルバムはなかなかの出来でしたよ。
タバコジュースの「幸せの海」(たぶん?)もなかなかよかったです。
LOST IN TIMEのアルバムも売れているそうですが、小生にはあまりググッとは来ませんでした。
そんなこんなで、ケータイは買えなかったが、充実した時間を過ごした小生は帰路につくことにし、自転車を置いた場所に行くために細い小道を歩いていた。
そのとき、小生の頭に数ヶ月前の光景が突然思い出された。

(以上が今日の話題の前フリで、ここからが本題です。)

その光景とは、数ヶ月前にセファと同じ道を通ったとき見たものである。
その道をセファと歩いていると、前から奇妙な格好をした人が歩いてきた。
どのくらい奇妙かと言うと、彼は仮面をかぶっていて服装も常人とは思えないものだった。
わかりやすく言うと、某殺人鬼のジェイソンさんとスターウォーズに出てくるサンドピープルを足して2で割った感じの人だった。
いち早くその人に気づいた小生はあまりの奇妙さに笑いそうになったが、ここで笑ったら殺されると思って笑いを必死でこらえた。
しかし、セファはなかなか気づかずにジェイソンさんに近づいていった。
セファがジェイソンさんに気づいたのはすれ違う直前だった。
ジェイソンさんを間近で見たセファは、おろかにも驚きを顔に出してしまった。
それを見たジェイソンさんはセファに近づいていき、手に何かを持ってセファの前に持っていった。
小生、てっきりジェイソンさんはナイフか拳銃かチェーンソーを持っており、セファが犠牲になるものと覚悟して、ひそかにお経をあげる準備を心のなかでしたが、そういった事態は起こらなかった。
ジェイソンさんが差し出したのはただのチラシだった。
差し出しながら「よろしく」などと言っていた。
結構気さくなジェイソンさんだった。
やっぱり人間は外見で判断してはダメだということを痛感し、ジェイソンさんに心の中で土下座して謝りまくったセファだった。
posted by Aorta at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察じゃない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。