2005年11月13日

トリックを見たセファリック

今回もセファとはまったく関係ない記事である。

小生トリックが大好きである。
ドラマの1回目から映画版まですべて録画している。
特に第1シーズンと第2シーズンは何度となく見ている。
はっきり言ってマニアである。
かなりマニアックである。

そんなトリックが約2年ぶりに帰ってきた!
小生この日を心待ちにしていた。
1ヶ月くらい前からかなり楽しみにしていた。

そんな楽しみにしていたトリックであるが、まあまあ面白かったのではないだろうか。
構成としては、ほとんど新しい要素はなかった。
話の骨格は第1シーズン第1話「母の泉」とほとんど同じである。
占い師が出てきて、田舎になんか怪しそうな施設作って、水がどうしたとか、強欲そうな副官がいたりとか、最後にすべてがばれて毒で自殺だとか、インチキなのに感謝の声がいっぱいだったりだとか、迷子の子猫ちゃんだとか、エドモンド大学だとか、似ているところをあげていけば枚挙にいとまがない!(亀岡山梨県会議員風)
どうせかぶるのであれば、チャダとか、かみ隠しとか、ドドリゲスとか、新渡戸稲造が笑ってるぞ〜とか、椎名桔平岩とかもっといろいろやって欲しかった。
マニアックな話なのでわからない人は流してください。
とはいえ、随所に小ネタがちりばめられていて面白かった。
トリックの解明は相変わらず適当だった。
いつものことなので別にいいんですけど。

とにかく、トリックは1回見たくらいではまったく楽しみきれていないので、これからまた何回も見てその魅力を存分に楽しもうと思う。

今回見逃してしまった人も、絶対に友達のうちの誰かはビデオにとっているはずなので貸してもらいましょう。
最高に面白いです。
posted by Aorta at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 観察じゃない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ビデオにまでとるのはAortaぐらいでは?
Posted by セファ at 2005年11月18日 18:30
そんなことは絶対にない。
小生の友人に数人いる。
確率にして20%である。
決して類が友を呼んでいるわけではない。
友が類を呼んでいるわけではもちろんない。
Posted by aorta at 2005年11月19日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。