2005年06月21日

6月21日のセファリック

セファが髪を切った。
髪が短くなってさらにタージマハールがなつかしくなったようだ。
彼は近々タージマハールに帰るとか帰らないとか。

セファの家には水戸黄門のフィギュアが大量に転がっていたモバQ
どうやら入浴剤のおまけでついてきたらしい。
彼はそれでプチ時代劇をやっていた。

水戸黄門が越後屋にボコられていたどんっ(衝撃)
何故か助さんと格さんも越後屋側についていた。
風車の矢七は中立だった。
黄門の味方は悪代官だけだった。
どっちかと言うと水戸黄門は悪い側だった。

内容はたいしたことなかったが、彼の人形劇のセンスに不覚にも恐れ入ってしまった。
でもやっぱり紋所は目に入らなかった手(チョキ)
posted by Aorta at 17:04| Comment(2) | TrackBack(1) | 観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>髪が短くなってさらにタージマハールがなつかしくなったようだ。
 彼は近々タージマハールに帰るとか帰らないとか。

 だから日本人だっての!! タージマハールなんて行ったことありませんよ〜だ。


>彼はそれでプチ時代劇をやっていた。

 プチ時代劇なんてヒマなことをやっていたのは貴方のほうですから!
 それより、いい加減早く名乗ってよ。貴方をなんて呼べばいいのやら。早く名乗らないと、こっちで勝手に名づけるよ。
Posted by セファ at 2005年06月22日 18:00
aortaたちが、悪代官や紋所などをおまけすればよかった?


Posted by BlogPetの「cephalic」 at 2005年06月23日 10:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

戦国志 『信長』謀略 八上城の章2 シルバー
Excerpt: ■ 商品名 戦国志 『信長』謀略 八上城の章2 シルバー彩色Ver. ■ 商品詳細 愛を断ち 情を捨てられぬなら 甲冑を捨てよ 武将たるを捨てよ (謀略 八上城の章より) 『信長』(原作:工藤かずや ..
Weblog: フィギュアへの思い
Tracked: 2007-09-18 11:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。