2006年08月16日

2-0のセファリック(日本−イエメン)

うん、とりあえず2点とって勝てたから合格。
巻とか巻とかいろいろがきちんと決定機を決めておけば5点くらいは軽くとれる試合だったし。
前半はグズグズだったけど、いろいろ課題が見えてよかったし。
佐藤兄弟が一緒に出場したし。
弟君の苦労を考えると、小生は泣けてきますよ。
勇人君はいい弟を持ったねぇ。

それに、ジェフの選手活躍したし。

そう、ジェフの選手。
巻は決定機をはずしまくってたけど動きは悪くなかったし、阿部君は貴重な先制点取ったし。
それに、やっぱり何と言っても羽生。

羽生さいこー!

そのひと言に尽きる試合だったといっても過言じゃない。
やはりオシムチルドレンはダテじゃない。
今日ほど羽生の目がくりくりっとした小動物っぽい顔が男前に見えた日はないですよ。
今日のMOMは誰がなんと言おうと羽生にあげます。

それくらい、羽生が入ってからチームが変わった。
いや、ほんとによかったです。
羽生最高です。

前の試合キレキレだったアレックスはいつもの代表クオリティに逆戻り。
球離れが遅すぎ。
まっ、いつものことですから特に気にしませんよ。
BSの中継の解説をやっていた山本昌邦が「こんなプレーでは後半はベンチですね」と斬り捨ててたのが面白かった。
ズィーコのときはどんなプレーしててもそんなこと言う人いなかったのに。
監督が変わると、いろんなことが変わって面白いですね。

あと、鈴木啓太は地味にがんばってましたね。
小生は、ああいうプレーは大好きですよ。

遠藤さんは・・・。
FKの場面で、「A3のジェフ戦で見せたFKを今蹴れよ!」と激しく突っ込んだのは小生だけではないでしょう。
あと、「サンガ戦で見せたクオリティを発揮しろよ!」と突っ込んだのも小生だけではないでしょう。
ダブルで突っ込んだのは小生くらいかもしれませんが。
遠藤さんはジェフとサンガをいじめるのが好きとしか思えませんでした。

その他は特に印象なし。

とにかく勝ってよかった。
もっと賢くフットボールをしよう。
それだけ。
posted by Aorta at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22434277

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。