2006年08月10日

2-0のセファリック(日本−トリニダード・トバゴ)

オシムジャパンの初戦ということで、どんなフットボールをするのか楽しみに見ましたが、所々おもしろいプレーは見られたものの、チームとしてうまく機能していたかというと、イマイチでしたね。
まぁ、こんな短期間でチームを成熟させるなんて無理なのは当たり前なのですが。

とは言え、ズィーコの時代よりはかなり改善してましたね。
それがアレックスのプレーに端的に表れていたような気がします。
アレックスはJリーグでは、見る試合、見る試合でかなりのパフォーマンスを発揮していたのですが、代表戦になるとイマイチでそれがなぜかが長年の謎でした。
今日の試合を見ていてその謎が解けたような気がしました。
ズィーコの時代は、中央の選手の我が強すぎてアレックスがサイドで狭苦しいプレーをせざるを得なかったのが、オシムが監督になって中央に献身的な選手が増えて、アレックスもその個性を大いに発揮できるようになったのかなとふと思いました。
それくらい今日のアレックスは生き生きしていました。
自分で裏に抜けることも出来るし、パスで周りを生かすことも出来る。
アレックスはドリブルの印象がありますが、パスの才能もかなりありますね。
いつものよくわからないアレックスクオリティのプレーも散見されましたが、まぁ今日のMVPは間違いなくアレックスです。

そのアレックスを生かしたという点で、他の中盤の選手も合格点でしょう。
鈴木啓太なんかはかなり運動量ありましたし。
ディフェンスの選手はまぁ微妙ですが無失点なので合格点でしょうか。
トゥーリオにはもうちょっと成長してもらって、ジェフのイリアンみたいになって欲しいですね。
坪井はまた怪我で途中交代。
いつぞやの悪夢が蘇えります。
駒野と田中播磨は積極的な攻撃参加が目立ちましたが、相手のサイドがバリバリ前に出てくるタイプだったときにどんなプレーができるかが問題ですね。
今日のトリニダード・トバゴは半分寝てるのかみたいなクオリティだったのでまったく参考になりません。
前線の選手は・・・。
まぁ、はっきり言ってダメでしたね。
田中達也は前半あれだけのチャンスに絡んでおきながら無得点。
多くのチャンスに絡んだ点を評価すべきなのかもしれませんが、FWなのでそんな悠長なことは言っていられません。
後半は消えている時間が多かったですし。
我那覇にいたっては・・・。
皆まで言うまい。
田中達也のシュートをブロックしちゃった場面は両方にとって不運でしたね。
交代選手の印象もポジション別で大体おんなじ感じ。
そういえば川口を忘れてた。
仕事がほとんどなくて暇そうでしたね。
それにしても、あのパンチングはちょっとどうにかして欲しいです。
見ていてヒヤヒヤします。
取りに行ってボールをこぼすよりはマシかもしれませんが、やっぱりもうちょっとキャッチングの技術を磨いて欲しいです。

結果だけ見れば2−0の快勝ですが、相手が半分寝てるようなプレーをしていたこともあって、内容は手放しでほめられるようなものではなかったと思います。
いつもの日本代表のように結果に内容が伴っていない感じでした。
よく考えてみると、日本代表の試合は「(悪い意味で)結果に内容が伴っていない試合」は多くても、「(いい意味で)内容に結果が伴っていない試合」はほとんどないような。
W杯の予選なんかはともかく、結果が求められない試合ではたまには「負けたけどいい試合したよなぁ」みたいなすがすがしい試合を見てみたいです。
我ながらなかなか難しい注文ですね。

それはともかく、これからオシム監督にはがんばってもらって、ジェフのような魅力的なフットボールが出来るチームを作って欲しいです。
時間はかかるでしょうが、時には厳しく、時には暖かく見守って行きたいものです。

それにしても相変わらずの松木安太郎のうるさい解説はテレ朝クオリティ。
posted by Aorta at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。