2006年08月06日

親戚づきあいセファリック

遠方より親戚きたる。
という事で一族で会食。

いとこが子どもを連れてきていた。
まだ赤ちゃんだ。
かわいい。
赤ちゃんかわいすぎる。

抱っこさせてくれるというので、喜び勇んで抱っこしたら、案の定泣かれた。
小生の上腕二頭筋がムキムキで硬かったのがまずかったのでしょうか。

赤ちゃんを見ているとなぜか顔がゆるみます。
乙一じゃないですけど、戦争をしているど真ん中にパラシュートで赤ちゃんを大量に降下させたら間違いなく戦闘は終結するでしょうね。
(元ネタは乙一の「小生物語」参照)

とは言え、よくよく考えてみると、いとこに子どもができたということは、小生もおじさんの仲間入りということです。
はぁ、小生ももうおっさんですか・・・。
posted by Aorta at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察じゃない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。