2006年07月27日

1-2のセファリック(京都サンガ−ジェフ千葉)

いやー、暑いなか西京極に久しぶりに行ってきましたよ。
セファと京都サンガ−ジェフ千葉を観に行ってきたのです。

普段は京都サンガを応援している小生ですが、基本的にファン歴はジェフのほうが長いのです。
という事で、どっちを応援するか中途半端なままSバック席で観戦。

前の方に座ってしまったので、周りはガチガチのサンガファンばっかり。
ここでジェフも応援していることがばれたらタコ殴りの刑に処せられるなと思ったので、小生とセファはバリバリのサンガファンに化けます。
小生はサンガの応援歌をバッチリ歌えるので、要所要所でそれを口ずさみつつ、周りの人に合わせて騒ぎます。
セファにも「ここで喜ぶのだ」とか「ここで叫び声をあげるのだ」とか「ここで審判に帰れ!と叫ぶのだ」とかいろいろ有益な助言をし、ボロを出さないように教育します。
ところが、小生の中のジェフを応援する血も黙ってはおらず、ジェフの選手がパスミスで無駄にボールをタッチラインから出しそうになると「やばいやばい」とか叫んでしまいます。
周りを見てもそんな意味不明な叫びを上げているのは小生だけ。
みんな喜んでいます。
そこでハッと我に帰った小生、「やばいのは小生じゃないか」と青くなります。
そんなぼろを出しながらの二股応援でしたが、周りの人にばれることもなく、五体満足なまま西京極から帰ってこられました。
よかったよかった。

では、肝心の内容についての感想を書きましょう。

結果だけ見ると、小生の予想通りになりました。
小生は、サンガが星のJ1初ゴールで1−0でリードして迎えたハーフタイムに、セファに「後半は1−1になるか、たぶんジェフが逆転して1−2になるよ」と予言していたのです。
まぁ、特にこの予言には根拠がなかったのですが、暑かったですし強行スケジュールなので、後半はサンガが運動量が落ちてジェフにやられちゃうかなと思ったのです。

結果的にはそうなったのですが、内容的にはサンガが勝っていてもおかしくない試合でした。
特に後半開始後しばらくの間のサンガが押していた時間帯で追加点が取れていれば確実にサンガは勝ち点3を手に出来ていたのではないかと思います。
パウリーニョははずしすぎ。
立石は止めすぎ。
どちらもかなりのクオリティでした。
はっきり言って、今日の試合のハイライトはパウリーニョがはずしまくって立石がとめまくったあの場面に尽きます。
まっ、ニュースなんかではどうせゴールシーンしか出ないでしょうけど。

サンガは決めるべき場面で決められずに流れを引き寄せられず、巻に同点ゴールを決められます。
一方のジェフも、同点ゴールの後にチャンスをいくつか作るも決めきれず、流れを完全に引き寄せ切れません。
そんなこんなで中盤でのつぶしあいになって試合は膠着状態に。
このまま引き分けかなと思ったロスタイムにまたまた巻が今度はヘディングで決めてジェフが逆転勝利。
このシュートは後でニュースで見直してみると、めちゃくちゃうまいシュートで撃った巻をほめるべきだと思うのですが、敢えて言わせてもらうと、その直前に斉藤が足をつってプレーが止まったのがサンガにとって痛かったと思います。
あそこまでサンガはギリギリのバランスを保って守備をしていたのですが、斉藤の負傷でプレーがいったん止まってしまったために緊張の糸が緩んで、そのバランスが崩れてしまって失点してしまいました。
柱谷流に言うと、アラートが足りなかったという感じでしょうか。

全体的にはこんな感じ。
選手個人については、サンガではやっぱり斉藤、ジェフでは誰でしょうねぇ、みんな言い感じに目立っていたと思います。
サンガの試合をはじめて見たセファも、斉藤のプレーは印象に残ったみたいです。
星はJ1初ゴールおめでとう。
ただ、クロスの精度とドリブルの突破力はもうちょっと上げようね。
新外国人のアンドレとピニェイロはどっちも結構いい感じでしたね。
特にアンドレは出来る助っ人の雰囲気満々でした。
ピニェイロは思ったほどドリブルがキレキレではなかったです。
その分、ボールを持ってないときのスペースへの走りとか、クロスの精度はよかったです。
期待が持てそうでした。
パウリーニョは・・・、ほんとに決定力を磨いてください。
チャンスを作ってもゴールネットを揺らせなかったら意味ないですね。

ジェフのサッカーはやっぱりおもしろかったです。
サイド→中→サイドとボールと人がめまぐるしく動いて、とてもエキサイティングでした。
ただ、その魅力的なフットボールとサンガは互角に渡りあえていたことも事実です。
負けはしたものの、いい内容だったのではなかったかと思います。
少なくとも小生は今日観に行ってよかったなと思いました。

あとは結果がついてくればね・・・。
ジェフも応援していた小生はよくても、集まった1万3千人のうちの大部分のお客さんは内容だけでは満足してくれないでしょう。
小生も、相手がジェフでなければサンガに勝ってもらわないと後味悪いです。
来年もJ1の試合を見たいですしね。
posted by Aorta at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。