2006年07月13日

直木賞だよセファリック

また伊坂幸太郎が・・・。
はぁ、これで何回目でしょうかね。
5回目くらいでしょうか。

と言うわけで、直木賞が発表されました。
受賞作は三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒』と森絵都『風に舞いあがるビニールシート』
森絵都さんは読んだことがないので何ともいえませんが、三浦しをんさんは好きな作家さんなのでまぁ喜びましょう。
ただ、どちらとも文藝春秋から刊行されている作品なのが何とも言えないところですね。
いろいろなものが透けて見えるような見えないような。

伊坂幸太郎はやっぱり見送られましたね。
まぁ、砂漠で受賞というのもちょっと微妙な感じがするのでいいとは思いますが。

あと、微妙に注目していたのが古処誠二。
一部では前評判も高く、メフィスト小作家から直木賞が出るかなと思いましたが、残念でしたね。

それにしても三浦しをんが直木賞とは。
まだ二十代だったような。
若いですねぇ。
posted by Aorta at 23:09| Comment(0) | TrackBack(4) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20745672

この記事へのトラックバック

第135回 芥川賞・直木賞決定。
Excerpt: やーびっくりした。 NHKの7時のニュースを見て、「どぅええええっ!?」と声を上げてしまったよ。 芥川賞は、伊藤たかみ【八月の路上に捨てる】。これは「文学界」6月号に掲載されたもの..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-07-27 10:28

妄想キャスティング――三浦しをん【まほろ駅前多田便利軒】
Excerpt: これはもう妄想読書人ぱんどらのためにあるような小説。脳内DVDぐるんぐるん。 なんでも請け負う「便利屋さん」の話。「便利軒」だからといってラーメン屋ではない。探偵とは違うので、ものすごい大事..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-07-27 10:29

森絵都【風に舞いあがるビニールシート】
Excerpt: 私は誰も愛したことがない。 男性とおつきあいした経験はあっても、「そこに愛があるのかい?」と少し昔のドラマの台詞みたいなことを問われると、「あるよ」と断言できる自信がない。 過去の恋愛は終..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-07-27 10:30

妄想キャスティング――森絵都【風に舞いあがるビニールシート】
Excerpt: ヒロイン「里佳」の妄想キャスト案について、ご意見をお寄せくださった皆様、誠にありがとうございます。 こちらに追記として掲載させていただきました。 さて、妄想読書人ぱんどら自身の考え..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-07-27 10:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。