2006年07月01日

1-1(PK4-2)のセファリック(ドイツ−アルゼンチン)

いや、まさに死闘でしたね。
前後半の90分を闘っても決着がつかず、延長でも決着がつかず、PKでやっと決着。
アルゼンチンのGKアボンダンシエリが怪我でピッチを去ったり、最後はバラック兄さんが足を引きずって使い物にならなくなったりして大変な試合でした。

とは言っても、死闘だったのは実質的には後半から。
前半は両チームとも様子を窺い合い、にらみ合いみたいな感じでした。
中盤でお互いがボールを失いあい、前線にボールがほとんど行かず、決定的なチャンスがほとんどない。
唯一のチャンスがドイツのバラックのヘディングくらい。
枠内に飛んだシュートが両チームとも1本ずつ。
オフサイドもほとんどなし。
ラインもほとんどあげてませんでした。

よく言えば、相手のいいところを消しあった前半。
悪く言えば、慎重になりすぎて消極的な試合運びになってしまった前半。

その流れは後半開始直後のアルゼンチンの得点によって大きく変わります。
コーナーキックからアジャラがヘディングで押し込んでゴール。
ドイツはセットプレーで失点すると痛い。

そこからドイツは別のチームになったかのように攻めます。
そんな中、ドイツのクローゼとアルゼンチンのゴールキーパーアボンダンシエリが交錯してアボンダンシエリが怪我で退場。
アルゼンチンは急遽控えのレオ・フランコが出ます。
アルゼンチンにとってはこの交代が痛かった。
これで交代のカードが減ってしまったことで、メッシやアイマールといった切り札が使えなくなります。

その後もドイツは攻め続け、アルゼンチンは守備的な選手の交代でそれに対応しようとします。
しかし、とうとう後半35分にクローゼのヘッドで追いつかれてしまいます。
これでドイツは押せ押せムードかと思いきや、アルゼンチンが盛り返したりして、結局このまま後半終了。

そして延長に突入。
思い通りの交代が出来ず、攻撃の切り札を投入できなかったアルゼンチンに対して、ほぼ思い通りの交代を出来たドイツ。
ドイツが有利かなと思って見ていたら、後半終了前から足を引きずり出したバラック兄さんがどうやらかなり深刻な感じ。
ドイツは実質的に10.5人くらいで闘わざるをえない状況になりました。
それもあって、アルゼンチンが積極的に攻めます。
ドイツもカウンターをします。
でも決定機は作り出せない。
結局延長戦も前後半終了し、決着はPKに。

PKになれば俄然ドイツ有利。
なんせキーパーはミスターノーゴールのレーマン。
PK前の休憩でそのレーマンに控えのカーンが近寄って話しかけています。
うん、なんだかんだ言ってもやっぱりカーンいい人じゃないですか。

とまぁ、こんな感じでレーマンはPKを2本止めて、一方ドイツの選手はみんな決めて、死闘にも終止符が打たれました。
このPKでドイツのポドルスキが決めた後、なーんか嫌な感じの敬礼をしていたのがちょっと気になりました。
なんかナチスっぽかったような・・・。
気のせいだったらいいんですけど。
あと、最後にレーマンに止められたアルゼンチンのカンビアッソですが、NHKのアナウンサーが「若いのに経験豊富」と形容して言っていたのはやっぱり頭髪が念頭にあってのことなんでしょうかね。
とまぁこんなことはどっちでもいいんですけど。

終わってみれば、一応小生の予想通りドイツが勝利しました。
しかし、内容的にはほんとにごぶごぶ。
どちらが勝ってもおかしくなかったと思います。
結局、勝敗を分けたのは選手交代でしょうか。
思い通りの交代をして、交代をした選手がうまく機能していたドイツ。
一方、交代枠の1つを不本意に使わざるをえず、しかも守備的な交代に終始してしまったアルゼンチン。
決してアルゼンチンの交代が機能していなかったわけではないのですが、というかカンビアッソなんかはかなり機能していたと思うのですが、守備的な交代をしたのに同点に追いつかれてしまったのはやはり采配ミスと言わざるをえないでしょう。
もしメッシが出ていたら、と思った人は決して少なくないはずです。

あと、やはりドイツにはホームの利があったと思います。
特にPK戦になってしまうと、やはりアウェーのチームはつらいですね。

と言うことで、死闘を制して準決勝進出を決めたのはドイツ。
やはり事実上の決勝戦と言ってもいいような試合でした。
アルゼンチンもいいチームでしたが、やっぱり相手が悪かった。
今大会はここで去ってしまうとは言え、まだまだ有望な若手が多いチームなので4年後をまた楽しみにしましょう。

ドイツはこのままホスト国優勝に向けて大いに突っ走って欲しいものです。

最後に気になったことをいくつか。
posted by Aorta at 03:28| Comment(1) | TrackBack(8) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
cephalicが、アルゼンチンでGKなどを形容したかった。


Posted by BlogPetのcephalic at 2006年07月01日 14:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20087543

この記事へのトラックバック

W杯20日目の結果。ドイツ、開催国の意地!!
Excerpt: W杯20日目の結果です。 ドイツ 1−1アルゼンチン(PK 4−2 )後半35分 クローゼ  後半4分 アジャラ  1 2 3 4 5 GER○○○○− ARG○×○×− イタリ..
Weblog: 格闘技&ゲーム&サッカー+α(ヴィンセント)
Tracked: 2006-07-01 04:14

W杯ドイツ&イタリア勝利でベスト4進出
Excerpt: W杯の準々決勝ドイツVSアルゼンチンとイタリアVSウクライナの 2試合が行われドイツ&イタリアが勝利しベスト4進出が決まる ドイツVSアルゼンチン・・前半は0対0と一進一退の攻防で終わり 後..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2006-07-01 10:07

W杯、ドイツとイタリアが準決勝進出!
Excerpt: Europeans dream on after agony for Argentina  現地時間30日、W杯準々決勝の2試合が行われ、開催国のドイツは宿敵ア
Weblog: Premier通信
Tracked: 2006-07-01 11:24

次の対戦カードはドイツVSイタリア(30日)
Excerpt: みましたよ!今朝は眠くならないように早めに就寝(笑)ドイツVSアルゼンチン、イタリアVSウクライナ。ドイツ1ー1アルゼンチンイタリア3ー0ウクライナではいつものようにさくさくと感想を交えながら結果をw..
Weblog: CALCIO★10
Tracked: 2006-07-01 13:35

W杯【準々決勝】 ドイツVSアルゼンチン
Excerpt: ■ドイツ 1−1 アルゼンチン    (PK 4−2) はっきり言ってこの試合は死闘でしたねもう一進一退の攻防戦。どちらも激しいプレーをし、殺気立っている印象でした。前半は両チームとも無得点のまま終..
Weblog: みんなのうた♪
Tracked: 2006-07-01 14:51

W杯 ドイツ、イタリアが準決勝進出!
Excerpt: サッカーワールドカップ準々決勝の最初の2試合。 ドイツとイタリアが勝利し、準決勝進出。 ドイツ1−1アルゼンチン   (4PK2) 予想外でした。アルゼンチン、強かったので。 GKレーマ..
Weblog: 普通の一日
Tracked: 2006-07-01 14:55

伝説は最終章へ
Excerpt: ドイツ 1−1 アルゼンチン (PK 4−2)イタリア 3−0 ウクライナアルゼンチンとウクライナが敗退。やはり、W杯は甘くないですね。アルゼンチンに関しては、アボンダンシエリが怪我で退場するアクシデ..
Weblog: でらっくすSABA新聞
Tracked: 2006-07-01 20:03

ドイツPK戦を制す!イタリアは完勝
Excerpt: FIFAワールドカップドイツ大会の準々決勝が始まった。 ドイツ対アルゼンチンは1対1のまま延長戦に入り、決着付かず。PK戦で準決勝進出を決めることになった。ドイツはGKの素晴らしいセーブでPK戦を制..
Weblog: Backpackerかく語りき♪快晴じゃーなる♪
Tracked: 2006-07-01 23:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。