2006年06月27日

1-0のセファリック(イタリア−オーストラリア)

劇的な幕切れ、になりましたね。
この幕切れを演出したのは直接的にはグロッソですが、間接的にはマテラッツィに一発レッドをぶちかました主審さんですけどね。

前半はまだマシな展開でしたが、後半はマテラッツィが退場してからというもの、イタリアにまったく見せ場がなく、またまたつまんない試合になっちゃいましたね。

確かに厳密に笛を吹くことは大切だと思うのですが、それで試合をつまんなくしちゃうのはどうなの?って感じですね。
マテラッツィにも一発レッドじゃなくてイエローでもよかったんじゃないでしょうか。

イタリアもトニやジラルディーノが前半に点をちゃんと取っておけばこういう展開にはならなかったのに。
やっぱり決定力不足はどこでも悩みの種ですね。
あまりにもはずしまくるので、どっかの別の青いチームの選手が混ざってるんじゃないかと目を凝らしてしまいましたよ。

とは言え、オーストラリアの善戦は十分にほめるべきでしょう。
堅い守備から速攻・遅攻を交えたカウンターで十分イタリアと渡り合っていました。
守備ではマンツーマンで一人余らせて、最終的には2人で囲んでボール奪取。
うん、小生の好きないい感じの守備です。

こんな感じで後半のロスタイムまではヒディングの思惑通りに行ってたんですけどね、最後はずしました。
ギリギリまで選手交代を我慢して、延長で勝負を賭けるつもりだったんでしょうけど、惜しかったですね。
日本にも言えますが、最後に耐え切れないのが、やっぱり経験の差でしょうか。

次からはおんなじアジアですし、お互い切磋琢磨してがんばりましょうと言うところでしょうか。

それにしても、やっぱりガットゥーゾはかっこよかったー。
ヒゲが素敵だぁー!

って、結局オチはそこかよ!
posted by Aorta at 02:44| Comment(0) | TrackBack(3) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

サッカーW杯 イタリア代表 vs オーストラリア代表
Excerpt: 圧倒的な強さは感じないけれど、抜け目の無さと鋭さに底知れぬ実力を感じるイタリアと、日本を倒して勝ち上がってきたオーストラリアの対戦。 イタリアは日韓ワールドカップで韓国を率いていたヒディング監督に負け..
Weblog: talc blog
Tracked: 2006-06-27 03:20

W杯決勝T1回戦3日目 イタリア、ヒディングに雪辱!ウクライナPK勝ち!
Excerpt: イタリア勝ち抜け!!  
Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2006-06-27 09:09

決勝トーナメント1回戦E組1位xF組2位イタリア対オーストラリア。
Excerpt: サッカー、ワールドカップW杯、イタリアvsオーストラリア。 カイザースラウテルンにて。 オーストラリア、チャンス。 デルピエーロからトーニ。 ジラルディーノのシュート。 トーニからジ..
Weblog: kasumidokiの日記
Tracked: 2006-07-06 02:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。