2006年06月18日

2-0のセファリック(スペイン−イラン)

まー、悪くない試合でしたが、決していい試合だったわけでもないですね。

デコのきょーれつダイレクトミドルとクリスティアーノ・ロナウドの白い歯ばかりが印象に残る試合でした。

なんだあのさわやかな微笑と白い歯は!

今後W杯でそれなりに活躍したら、歯磨き業界からぜってーCMのオファーが来るな、あれは。

とまぁ、そんなどうでもいいことばかり考えていました。

何と言っても、イランがドン引き。

あれだけ引いてりゃ、点も取れないですわ。

カウンターを仕掛けても、仕掛けた本人が前に出るだけで誰もフォローに来ない、追い越してくれない。

そりゃあ点も取れませんわな。

これでポルトガルは決勝トーナメント進出。
イランは予選リーグ敗退。

やっぱアジアはまだまだですね。
posted by Aorta at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19424843

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。