2006年06月17日

2-1のセファリック(オランダ−コートジボワール)

いい試合でしたね。

今回のW杯で小生が見た試合の中で一番いい試合だったような気がします。

特にコートジボワール、負けはしたものの最高の試合内容だったのではないでしょうか。

中盤での早いプレスだとか、ボール保持者を追い越す動きだとか、優れた身体能力を生かした1対1だとか、ドログバとか。

ヨーロッパ風の組織的なサッカーと、アフリカの身体能力の高さが絶妙にマッチしたいいチームでした。

でも勝てなかった。

予選リーグで敗退してしまうのはほんとにもったいないです。

別のグループだったら、もう少し長くこのいいサッカーを見れていたのではないかと思います。


対するオランダは、序盤の2得点をよく守りきったと思います、

特に後半は耐えて耐えて耐え抜く展開。

あまり面白みのあるサッカーではなかったですね。

セルビア・モンテネグロ戦でも思ったのですが、まだイマイチオランダらしさが出てないですね。

まぁ、オランダらしさって何?と聞かれると困りますけど。

次のアルゼンチン戦は予選リーグ突破に関係ない試合なので、勝敗は気にせずにらしいサッカーをして欲しいですね。
posted by Aorta at 11:37| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19394556

この記事へのトラックバック

W杯C組も決まる
Excerpt: グループC <s>オレンジ VS オレンジ</s> オランダ VS コートジボワール コートジボワールも後が無いし、 オランダもこの試合で決めたい。 予想していたよりは ゆったりとした試合展開か..
Weblog: The baguette
Tracked: 2006-06-17 18:46

これがオランダの試合?オランダ辛勝で決勝T進出決定!
Excerpt: オランダがプレミア3トップの活躍で2−1でドロクバ率いるコートジボワールに勝利して決勝T進出を決めました! 先取点は、ファン・ベルシーの高速FKが見事に決まりました 初戦でもいいキックしていたので..
Weblog: 【しろうとサッカー研究所】
Tracked: 2006-06-17 22:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。