2006年04月13日

午後からおやすみセファリック

タイトルの通り、今日は講義は午前中だけで、午後はおやすみでした。
午後が休みだとなんか得した気分になります。

まぁ、まずは今日のセファについて簡単に観察日記を記しておきましょう。
めんどくさいですが、これもセファを白石さんにするための第一歩だと思って我慢しましょう。

小生、今日は授業前からセファの下宿に押しかけました。
午前中の講義でレポートが出ていたのですが、レポートを印刷しようにも小生の下宿のプリンタはポンコツだし、大学のパソコンルームはまだ開いていないしで、セファの下宿で印刷しようというわけです。
前日から予告しておいたにもかかわらず、小生がセファの下宿を訪ねると、セファはあからさまに寝起きです。
どうやら小生の訪問を告げるピンポンで目覚めたようです。
小生がセファの部屋を訪ねたのは授業開始の約10分前だというのに、なんて寝坊なセファなんでしょう。
それにしても、小生のピンポンで目覚めるなんてこれでは小生、まるでセファの目覚まし時計じゃないですか。
何かシャクだなと思いながらも、印刷をしなければいけないのでおとなしく部屋の中へ。
常日頃は調子の悪いセファのプリンタですが(詳しくは「プリンタと格闘する・・・セファリック」参照)、小生が使ってやるとやっぱり相手が分かるのか、おとなしく印刷してくれます。
小生がレポートを印刷している間、セファは朝の準備。
小生、セファがコンタクトを入れるために洗面所に行った隙に、そこら辺にあったボディソープを冷凍庫に放り込みます。
目覚まし代わりに使われた腹いせのようなものです。
小生、とりあえず冷凍庫に何でも放り込むのが好きなのです。
以前にもセファのマヨネーズを冷凍庫に放り込んでおいて、そのまま1日くらい放置プレイしてしまったことがあります。
そのときは、シャリシャリマヨネーズができるかと思ったのですが、やはりマヨネーズは油やら何やらで強いらしく、あまり変化がなくて面白くありませんでした。
今回もそのまま放置しようかと思ったのですが、にぶいセファのこと、言わなかったらそのままずっと放置Pだろうなと思って、「アイスが食べたいなあ」とか適当にヒントを出して無事気づかせます。
こんなに気を使わなければいけないなんて、いたずらもなかなか大変なんですよ、これが。

まっ、そんなこんなで大学に行き、無事レポートも提出し、午前の2時間の講義も終了。
セファと昼ごはんを一緒に食べることにします。
昼ごはんを食べるときも小生はいたずらを怠りません。
小生、セファの向かいに座っていたのですが、食べ始めた直後、セファの隙をみてセファのお盆の上にのっているおかずを一品小生のお盆に移しておきました。
まっ、おかず泥棒というやつです。
隙を見てとは書いてはみたもの、小生は忍者とかスリを職業にしているわけではないので、結構あからさまにやりました。
まぁ、相手がふつうの人間だったら明らかに気づかれるでしょうが、セファ相手なのでもちろん気づかれません。
小生、それとなくお盆に注意を向けさそうと話題を振るのですが、セファはなかなか一品なくなっていることに気づきません。
しばらくしてようやく気づくのですが、こんなに注意力散漫で本当に大丈夫なのでしょうか。
もしかしたら、白石さんへの第一歩として、初めから気づいていたのに小生のネタとしてタージマハールに書いてもらうために、わざと気づかない振りをしていたのかも知れません。
そうだとしたら恐るべしセファです。
そのあと、小生の恐るべき感電体験などの無駄話をして、気づけば1時過ぎ。

小生は明日提出のレポートを書くためにパソコンルームへ。
セファはピアノの練習をするとか何とかで音研なるもののボックスへと消えていきましたとさ。
おしまい。
posted by Aorta at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。