2006年03月21日

初代チャンピオンセファリック

いやー、ワールドベースボールクラシック(WBC)で日本優勝しましたね。

今までの流れもあって、試合前にはイマイチ負ける気もしなかったのですが、やはりキューバは強かった。
序盤は日本優勢だったものの、中盤から流れが何度もキューバに傾きかけました。
そのたびに日本が突き放して、最後は10−6。
それにしても、8回に1点差に追いつかれるホームランを打たれた時にゃあもう終わりかと思いましたよ。

とは言え、やはり日本は総合力で強かったですね。
個々人では明らかにキューバの方が上。
身体能力なんて恐ろしいくらい違いますよ。
それでも勝てるのだから野球は面白いものですね。
サッカーは激しいボディコンタクトがある分、日本にはかなり不利ですが、野球はボールとバッドとグラブの接触が主なので、日本にもチャンスはあるのだなと思いました。

王監督もすばらしい采配、求心力を示してホントに名監督ですね。
イチローも期待通りの働きをしてくれました。
ベストナインおめでとうございます。
MVPが松坂投手なのはちょっとギモンですが・・・。
絶対上原投手でしょうと小生は思うのです。

ここ最近で最もホットなアメリカ人であるボブ・デービッドソンは今日も一塁付近に居たそうです。
何回か微妙な判定がありましたが、まあ今日は許してあげましょう。
正直、日本が優勝できたのは彼と韓国とメキシコのおかげだと小生思いますから。

面白かったのは、優勝トロフィーがティファニーだったこと。
いくらくらいかかったのでしょうか。

とにかく、日本は優勝おめでとうございます。
6月のW杯でも日本がんばって欲しいですね。
まっ、難しいでしょうが・・・。
posted by Aorta at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15202340

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。