2006年01月27日

白夜を行くセファリックその3の3

また書き忘れたことがあったので白夜行の記事第3弾です。
もういい加減にしろという声が聞こえてきそうですが、お付き合いくださいませ。

今回は笹垣について思ったことを少し。
とにかくドラマ版の笹垣は鋭いです。
決定的な証拠も特にないはずなのに、今の時点でほぼ真相にたどり着いているといえるでしょう。
こんなに鋭い笹垣さんがあと6,7年も亮司と雪穂のシッポをつかめないとは信じられないくらいです。
まあ、ここではそれは置いておきます。
今気になっているのは、笹垣がまったく事件の動機の部分に触れようとしないことです。
ドラマ版では事件の動機は初回で明かされていて自分はもう知っているので、自分を笹垣に投影する際に彼も動機を知っていると思いがちですが、よく考えてみると笹垣は動機を知らないはずです。
それだけでも普通は事件解決のために動機は何なのか考えるでしょう。
しかも、事件の容疑者はあの2人だと自分の中では確信していて、しかもその2人が被害者の息子と容疑者の娘という特異な状況を考えれば、もうこれは動機に好奇心を抱かない方がおかしいでしょう。
それなのに、笹垣が動機について調べるもしくは考えるといった場面はほとんどなかったような気がします。
笹垣が亮司の母に会いに行く場面がたくさんあるのに、そのとき亮司と父の関係について聞いたり、亮司と雪穂について聞いたりする場面はなかったような気がします。
もしかしたらあったかもしれませんが、記憶に残っていないので大した場面ではなかったと思います。
笹垣さんは事実にしか興味のないタイプの人間なのでしょうか。
とは言え、笹垣による動機の解明はドラマの重要なファクターになるはずです。
これからどのように描かれるのか楽しみです。

とまあ今回はこんな感じです。
たぶん白夜行第3回についての記事はこれで終わりです。
ながながとお付き合いいただいてありがとうございました。

参考に過去の記事を。
「白夜を行くセファリック」
「白夜を行くセファリックその2」
「白夜を行くセファリックその2の2」
「白夜を行くセファリックその3」
「白夜を行くセファリックその3の2」
posted by Aorta at 13:50| Comment(0) | TrackBack(3) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【ドラマ雑感】 白夜行 (第3話/全11回) 「さよならの光」
Excerpt:  白夜行(第3話)◇笹垣(武田鉄矢)が都子(倉沢桃子)の事件を立件し、7年前の事件まで蒸し返そうとしていることを知った雪穂(綾瀬はるか)は、不安を胸に亮司(山田孝之)のもとへ駆け込んだ。どんなに罪を重..
Weblog: 気ままなNotes...
Tracked: 2006-01-27 20:05

白夜行 第3話 「さよならの光」
Excerpt: 菊池は亮司(山田孝之)にはめられたと笹垣(武田鉄矢)に伝える。笹垣は雪穂(綾瀬はるか)と亮司(山田孝之)の関係を調べなおす。亮司は昔の事件をネタに松浦(渡部篤郎)に売春を強要さ..
Weblog: テレビお気楽日記
Tracked: 2006-01-27 23:23

白夜行
Excerpt:  第3話{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}  何だか亮司と雪穂の考え方が違うみたいだね{/ase/}雪穂の方がピリピリしている感じ{/face_ase1/}でもそれぐらい..
Weblog: 私の趣味日記
Tracked: 2006-01-29 18:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。