2006年01月17日

海辺のセファリック

小生旅から帰ってきました。
予想通りカウンタは300を越えていました。
しか〜し、誰も300踏んだというコメントをしてくれていません。
小生、結構期待してたのに凹みます。
しかし、そんなことで凹んでいても仕方ないので、小生今日も張り切って更新します。

今日は書評です。
お題は・・・
旅のお供として選択した村上春樹『海辺のカフカ』

最近、村上春樹を読む機会が多いです。
別にハマッたわけではないのですが、とりあえず一通りは読んでおこうかなと。

それで、『海辺のカフカ』ですが、なかなか面白かったです。
今回はとりあえずオチはある話でしたし。
とは言っても、相変わらず放置プレイの謎が多すぎます。
まあ、それは自分の頭の中で補ってねと言うことなのでしょうか。
小生、もう慣れたので文句は言いません。

あらすじを簡単に説明しましょう。
物語の中心は香川県高松市です。
小生、高松ではないのですが、香川県に長く住んでいたのでちょっといい気分でした。
しかし、小生香川の扱われ方について少し文句があるので後で詳しく述べます。
あらすじに戻りましょう。
東京の中野区に住む一人の15歳の少年と一人の老人が主人公です。
少年はある理由で家出をし、高松に向かいます。
彼がカフカ君です。
一方老人のナカタさんは、ネコと話せると言う特殊能力を生かして中野区でネコ探しをやっていたのですが、ある事件に巻き込まれた後に何かに導かれるように高松を目指します。
簡単に言うと、カフカ君もナカタさんも自分と世界の関係性を探します。
ついでに、カフカ君は母と姉を、ナカタさんは入り口の石を探します。
二人の動きが直接交わることはないものの、この二人が高松を舞台に・・・。
と言う話です。
時たま舞台は高知に移動します。
春樹、四国プッシュです。

ここで小生、春樹の四国に対する姿勢を問いたい。
小生ずっと思っていることなのだが、春樹氏にかかわらず、関西から東に住む人は、四国のことをひとつだと思っているのではないのだろうか?
『海辺のカフカ』を読んでみると、「四国の高松」と言う言葉が多く出てくる。
もっと端的に言うと、「四国」、「高松」と言うワードはたくさん出てくるのだが、「香川」と言うワードがほとんど出てこないのである。
春樹氏は高松も松山も高知も徳島も香川も愛媛も一緒だと思っているのではないのだろうか。
小生が狭量だからかもしれないが、小生は四国の他県を仲間だと思ったことはない。
愛媛県も徳島県も岡山県もポジションとしては同じで、ただの隣県でしかない。
昨年、徳島に「徳島ヴォルティス」というJリーグチームが四国で初めて誕生したが、小生応援する気にはほとんどならなかった。
たぶん香川県民のほとんどはそんな感じでしょう。
香川県には香川県のアイデンティティーがあり、それは愛媛や徳島や高知のそれとはまったく異なったものである。
将来的にはどうかわからないが、少なくとも現在では四国としてのアイデンティティーはそれらに比べて圧倒的に小さいと言わざるを得ないだろう。
小生、ここらで声を大にして言いたい。
「四国はひとつではない!」

ちなみに、『海辺のカフカ』では「(香川県の)となりの愛媛県や高知県」と言う記述が見られた。
言っておきますが、高知は香川と接してない!
「となりの」が愛媛県だけにかかっているのであれば許せるのだが、ここは誤解されないためにも高知ではなく、徳島とするべきでしょう。

話が大きくずれてしまいましたが、『海辺のカフカ』面白かったです。
小生が一番ウケたのは、カーネル・サンダーズ(ケンタッキーのおっさん)の格好をしたおっさんが、名古屋から来た星野と言う青年を「このメッキしゃちほこボケ」と罵る場面です。
爆笑しました。
ちなみに別の場面では「ふぬけういろう野郎」と罵っていました。
こちらも爆笑しました。
春樹氏は名古屋に何かうらみでも持っているのでしょうか?

そういえば別件ですが、先日ここで紹介した(記事ページ「死神と容疑者とセファリック」)東野圭吾『容疑者xの献身』が直木賞を受賞したようです。
おめでとうございます。

今年読んだ本:13冊

4101001545海辺のカフカ (上)
村上 春樹
新潮社 2005-02-28




4101001553海辺のカフカ (下)
村上 春樹
新潮社 2005-02-28




ついでに・・・
4163238603容疑者Xの献身
東野 圭吾
文藝春秋 2005-08-25



posted by Aorta at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
Posted by uchi at 2006年01月17日 23:08
わんばんこ?
Posted by BlogPetのcephalic at 2006年01月18日 14:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11839142

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。