2005年12月18日

ロミオとセファリック

念のために言っておくと、セファは男です。ゲイの可能性も否定し切れませんが、たぶんゲイでもありません。
タイトルがセファリックとジュリエットにならなかったのは語感の関係です。
他意はありません。

いまさら言うまでもないかもしれませんが、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』読了しました。
いろんな意味で面白かったです。
内容についての思い込みがいろいろ裏切られました。
特にロミオの性格についてはかなり驚かされました。
意外にロミオは上品じゃありません。
意外にロミオは喧嘩っ早いです。
意外にロミオはけんか強いです。(作中で二人ほどばっさり殺しちゃってます。)
意外にロミオは移り気です。
あと、作品全体として無駄に人が死にすぎです。
あと、作品全体として下ネタ多めです。

特にロミオの移り気なところにはびっくりしました。
作品の初めの方でロミオが恋のことで悩んでいたので、小生はてっきりジュリエットのことで悩んでいるのかと思いきや、別の女性のことで悩んでいました。
その女性が自分の思いに応えてくれないことに死ぬほど悩んでいたのに、友人に「世の中に女はいっぱいいるぞよ。俺がいい子紹介してあげるから、今夜パーティ行こうぜ。」と言われて、「そんなことしても無駄ぞよ。」と言いながらしぶしぶ行ったパーティでジュリエットに一目ぼれ。
いきなり口説きだします。
移り気です。
かなりの移り気です。
もしかして二人幸せに暮らすことになっていたら、ロミオの浮気が確実にジュリエットを悩ませていたでしょう。
それはそれで面白い話になりそうですが・・・。

古典にしては思ったより読みやすく、面白かったです。
現代に舞台を移してパロディ的な話を作ると面白そうな気がしました。

4042106153新訳 ロミオとジュリエット
シェイクスピア 河合 祥一郎
角川書店 2005-06-25



posted by Aorta at 23:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのう、話すればよかった?
cephalicが否定したかったの♪
きょうはパロディを喧嘩された。
角川書店は関係した。
Posted by BlogPetのcephalic at 2005年12月19日 14:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10809187

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。