2006年12月26日

昨日はクリスマスだったセファリック

うどんを食べた。

うまかった。

はなぢがでそうだった。

コシが並大抵ではなく、危うくアゴがはずれるところだった。

久しぶりに食べるときはいろいろ気をつけなければいけないと深く深く反省した。

やはりうどんはおくが深かった。
posted by Aorta at 23:32| Comment(28) | TrackBack(0) | 観察じゃない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

ピアノを弾くセファリック

小生、今日はテスト前のなけなしの勉強時間を削ってセファのピアノの演奏を聴きに行った。
前々からセファの演奏を聴きに行かなければと思いつつ、よんどころない事情により今までご縁がなかったのである。

というわけで、今日はよんどころない事情が特になかったので聴きに行った。
セファはヴァイオリンとチェロの人と組んでトリオをやっていた。
小生、クラシックには門外漢なので作曲者だとか曲名だとかいう複雑なことは何一つ覚えていない。
確か、シベリアとか臼とかそんな感じの名前だったと思うがまぁ覚えていないものはしょうがない。
ちなみに、曲の詳しいこともよくわからない。

ただ、セファの演奏はよかった。
日頃のセファらしからぬ見事な弾きっぷりだった。
曲の最後には鬼気迫る弾きっぷりで、このままピアノを叩き壊すかと思われたが、その前に残念ながら曲が終わってしまった。
やはりセファは尾崎豊の器ではなかったようだ。

常にのほほんとした顔をしているセファであるが、これでもかというぐらい険しい顔をして弾いていた。
心なしかピアノを弾いているセファは男前に見えた。
まぁ、演奏が終わった後に会いにきてくれたときのセファの顔は普通で、小生がっかりするような安心するような少々複雑な気分だった。

セファの演奏を聴いた後は、一緒に聴きに行っていたK君が小生の下宿に遊びに来た。
日頃からK君にお世話になっている小生は、ここぞとばかりにご飯をご馳走したりしてもてなしておいた。
K君に野菜ジュースを二箱くらいもらった。
これで小生も健康生活です。
posted by Aorta at 01:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

ストーブ暴走セファリック

ストーブが壊れました。
電源が切れません。
しかも、本来なら強弱の選択ができるはずなのに、無駄に強で固定されてます。
はっきり言って無駄に暑いです。
なんて空気の読めないストーブなんでしょう。
まるでセファみたいな奴です。

うん、うまくオチた。
ナイス小生。
posted by Aorta at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 観察じゃない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

お肉でしたセファリック

にくをたべた。
うまかった。
にく、ばんざい。
posted by Aorta at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察じゃない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

今日はカレーだ!セファリック

小生、なんだか口の調子がよくなってきたので、(2日間に及ぶ)ハーゲンダッツとの蜜月に別れを告げ、試しに通常の食生活に戻ってみる決意をした。

ここで登場するのが、先週鍋いっぱいに作られて、「おいしいおいしい」と小生に盛んに賞賛されながら、小生の体調不良のために結局2杯しか食べられずに冷凍庫におさらばしてしまったカレーである。

カチコチに固まったカレーを電子レンジで温め、ご飯にかけて食べる。
小生、先週のナイスな味のカレーを思い浮かべながら食べるが、見る影もなくおいしくなくなっている。
小生の口がまだ痛み、調子がよろしくないためか、はたまた冷凍したのがまずかったのか・・・。

この1週間でのカレーの壮絶な転落人生を思って悲しくなる小生であった。
posted by Aorta at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察じゃない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

今日も贅沢セファリック

小生、性懲りもなく今日もハーゲンダッツなる高級アイスを食べてしまった。
しかも、今日は昨日求めて得られなかったチョコアイス(クラシックショコラ)である。
食に関しては倹約をこの上ない信条とする小生としては、二日連続ハーゲンダッツなど脳ミソまで腐りそうな贅沢である。
とは言え、まぁ他にほとんど何も食べてないから別に贅沢ではないか、と思って、脳ミソが腐るヒマもなくクラシックショコラを食べつくしてしまった小生であった。

明日くらいには肉が食べたい小生である。
posted by Aorta at 23:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 観察じゃない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

お腹が空いたセファリック

小生、最近ひどく調子が悪い。

確か、先週の末ぐらいは「望外においしいカレーができた」などとのんきに喜んでいたはずなのに、今週になって口腔粘膜がひどく腫れるという惨事に見舞われ、噛んだり飲み込んだりすると腫れた部分がひどく痛むため火曜日から固形物が摂取できていないという悲劇的な状況に陥っているのである。
月曜にライブに行ってはしゃぎすぎたのがまずかったのでしょうか。

固形物が摂取できていない間に小生の命をつないでいたのは、ココアだとかクノールのスープだとかプリンだとかヨーグルトだとかである。
特にクノールのカップスープにはお世話になった。
昼ごはんに食堂に自前のカップと一緒に持って行き、食堂に備え付けのポットからお湯をもらってスープを作っていた。
売店で買ったプリンだとかヨーグルトだとかと共に自前のカップでクノールを飲んでいる小生は、傍から見るとそれはそれは滑稽だったに違いない。
小生も、「何が楽しくてこんなダイエットをしないといけないんだ!」と内心忸怩たる思いで「肉が食いたい、肉が食いたい」と半ば叫ぶようにつぶやいていた。

そんな小生に、わずかではあるが助け舟を出してくれたのがちょっとした贅沢である。
ベルギーの何とか言うチョコレート職人のおっさんが作ったとか何とか言う1個150円也のチョコレートプリンがすばらしくおいしくて、「これなら肉がなくても生きていけるかも」と一瞬思ったり、大発奮してハーゲンダッツを奮発してみたりした。
ハーゲンダッツは本当はチョコがよかったのだが、生憎なかったので次善の策としてストロベリー味をチョイスした。
いちごは甘酸っぱくて、いい感じに耳下腺だとか顎下腺が刺激された。
あまりにおいしくて、小生ごときがこんなものを口にしていいものかと一瞬思い悩んだが、まぁいいかと思って瞬く間にたいらげてしまった。
またまた「これなら肉がなくても生きていけるかも」とか思ってしまった。
恐るべしハーゲンダッツ。

ハーゲンダッツ効果で明日は調子よくなることを祈りつつ、小生ホームアローンを見て少年の活躍に本日3度目の感動を禁じえない。
posted by Aorta at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察じゃない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。