2006年09月07日

1-0のセファリック(日本−イエメン)

まぁ、なんとか勝ててよかったというのが第一の感想。
これでアジアカップの本選出場もほぼ間違いなく決まったし、よかったよかった。

相手が格下とは言えアウェーなのでまぁ勝てればいいんじゃないかと思う一方で、このクオリティの低さはどうしたもんかなと思わなくもない。

きついスケジュールに空気の薄い高地、コンディションの悪いピッチでさらに経験の浅い選手達。
こんな条件が重なっているにもかかわらずいろいろ求めるのは酷だとは思うんだけど、それでも今日の試合はちょっといただけないと思わなくもない。
これはオシムが監督に就任してどうこうと言うレベルではないんじゃないだろうか。
ズィーコのときとあんまり変わってないような気がする。
今日、唯一おもしろいなと思ったプレーは、後半15分過ぎの坪井のオーバーラップからのシュート。
これだけは面白かった。
ズィーコのときはありえない。
巻を追い抜いてゴールに向かっていくあの坊主頭は誰だ?もしかして小野伸二が代表に選ばれなかった腹いせにイエメンまで遠征してきて乱入か、と思ったら坪井だった。
最後のシュートはちょっとへなちょこ気味だったけど、とても可能性を感じたプレーだった。
ディフェンスラインの選手がボールを持ってオーバーラップして、ボールを誰かに渡して自分は裏に抜け、最後は追い抜いてもっかいボールをもらう。
まるでストヤノフじゃないですか。
ストヤノフ的役割はてっきりトゥーリオがやるもんだと思っていたら、坪井もかなりよかった。
グッと来た。

それ以外は面白くないプレーばっかり。
ぜんぜん心躍らなかった。
誰もあんまり積極的に状況を打開しようとしてなかったし。
もっと中央でドリブルで突っかけてディフェンスを切り開く、もしくは最悪でもいい位置でファールをもらえる人材が欲しい。
最後の我那覇のゴールは作戦が見事にハマっていい感じだったけど、まぁ教科書どおりという感じでうまくやったなという感想くらいしか思い浮かばない。
小生はもっとグッと来るプレーを見たいんですよ。

そりゃあ、このまま時間をかけてチームを熟成させていけば、いつかはオシムの言うスペクタクルなフットボールが見れるときが来るかもしれないが、それに十分な時間はあるんだろうか?
今の状況を見ているととてもイエスとは言えない。
ピャっと集まってピャっと練習してピャっと試合して。
こんなのでほんとに完成度の高いチームは出来るのかなと思う。
しかも、個人を尊重したズィーコに対して、オシムはチームのために個人に求めるものが多いし大きい。
道のりは前途多難。

とは言え、まぁがんばってもらうしかありません。
なんだかんだいいながらも小生は期待しています。
オシム大好きですし。
オシムのフットボール大好きですし。
とりあえず今回の勝利で、勝敗が重要視される試合は当分なくなったので、気長にチームを作ってもらいましょう。
その中でどんどんグッと来るプレーを増やしてもらって・・・。
いつかは、こんな記事を書いたことを土下座して謝りたくなるような試合を見てみたいなぁ。
posted by Aorta at 00:02| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。