2006年09月24日

2-0のセファリック(千葉−京都)

9月23日(土) 2006 J1リーグ戦 第24節
千葉 2 - 0 京都 (18:34/フクアリ/10,857人)
得点者:'25 巻誠一郎(千葉)、'69 阿部勇樹(千葉)

2週連続でぐっずぐずの試合を見せられて少々凹み気味の小生です。

今日の試合はホンマに面白くなかった。
面白くなさ過ぎて逆に面白くなってくるほどの面白くなさだった。

サンガは相変わらずのクオリティで、
・動き出しが遅い
・攻撃にバリエーションが無い
・ラストの精度が低すぎ
とまぁ、こんな感じのどうしようもない致命的な状況。

対するジェフも、水曜日の疲れがあるのか動きが良くない。
スピード感が無くてだらだらやってる感じ。

とは言え、そんなジェフにも勝てないサンガ。
先週もぐっずぐずの試合でしたが、決定的に違うのは勝ったか負けたか。
オランダ帰りのなんちゃって平成の怪物を取って大満足しているFC東京と違って、ジェフはやっぱり甘さ控えめでした。

サンガのディフェンスは1人目、2人目にはちゃんと対応できてたんだけど、3人目にやられちゃいましたね。
勝敗を分けた点をケントクが端的にコメントしているので以下に引用。

●登尾 顕徳選手(京都):
「ディフェンスラインはうまく上げることができていたけれど、千葉の2列目の選手が上がってきた時の対処がうまくできませんでした。中盤の受け渡しがうまくいかなくて、そこではラインが下がってしまうところもありました。やはり点がほしいですね」
Q:巻選手とのマッチアップも多かったが、やっていてどうだったか?
「巻選手が自分の前でボールを受けるようなプレーの時はまだよかったんですが、巻選手は裏を狙って動くところがあって、そこでの対処が少し難しかったです」


ジェフの2列目からの3人目の動きに対応できていなかったディフェンスライン。
ジェフの1点目は、ファーに走って角度のないところから決めた巻がうまかったのは確かだけど、その前の2列目からディフェンスラインの裏へ抜けた山岸が殊勲でしょう。
その前にも、阿部が2列目から抜け出してGKと1対1になる場面がありましたしね。

そして巻の裏へ抜け出す動き。
デカくて競り合いに強い巻がこんなプレーをするのに、サンガのちっさいFWがこれをしなくてどうするんでしょう。
サイドからいくらクロスを放り込んでも、ディフェンスラインがそろっていれば林とパウではほんとにいいクロスがこないと決められないでしょう。
今のサンガの選手にそんなクロスの精度があるかといえば、もちろんノー。
ムリムリ。
サイドからばっかり攻めてもムリムリ。
もっと中をうまく使わないと。
足元へのスルーパスをもっと狙っちゃっても良かったんじゃないでしょうか。
中を使ってこそ外が活きるはず。
ボールを早く動かしてマークをうまくずらせれば、外からももっとチャンスを作れたんじゃないかなと思います。

あと、柱谷采配にもギモン。
何で先発が星?
もういい加減あきらめようよ。
交代後のプレーを見ても、どう考えても大志のほうが調子よさそうだし。
それでも、松田じゃなくて田原を使ったからまだマシなのかもしれないですけどね。
田原は結構調子よさそうだったので、先発で使っても良かったんではないかなと思うのは小生だけ?
ジェフの結城も林より田原の方が守りにくかったみたいなコメントをしてますしね。

はぁ、いろいろ書いたらそれでもちょっとはすっきりした。
来週は浦和にボコられるとして、再来週の大宮戦は修正してがんばってもらいましょう。
今更だけど、監督かシステムを代えたらどうかなといちおう言ってみたり。
posted by Aorta at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

ハマチと格闘するセファリック

閉店間際のスーパーで刺身用のハマチの切り身2切れ¥398也を半額で買った。
帰ってさっそく刺身用に切ろうとして開けてびっくり玉手箱、中身は骨がいっぱい残っていた。
もしかしたら猫のえさ用なんじゃないかと思うくらいいい感じに骨がたくさん残っていた。
食べるのに大層苦労した。
さすが¥398かつ半額クオリティ。
食べるのに大層苦労した。

それだけ。

そう言えば、骨を大層苦労して取り除いたハマチを食べながら、「サザエさん」のイクラちゃんに弟が出来たら名前はきっとハマチ君だなと考えてしまった。

さて、その心は?

来週までの宿題です。
正解者には小生が惜しみの無い敬意を払います。

それだけ。
ラベル:はまち
posted by Aorta at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察じゃない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

1-0のセファリック(京都サンガ−FC東京)

9月16日(土) 2006 J1リーグ戦 第23節
京都 1 - 0 F東京 (14:04/西京極/8,440人)
得点者:'17 パウリーニョ(京都)

久しぶりにサンガの試合を見てびっくり。
確かこの前に見たのは7月のジェフ戦だったような気がするんですが、あの時はまだマシなサッカーをしてたような・・・。
J2のときでもこんな試合はなかなか見たことが無いですよ。
まっ、その責任の一端はもちろんFC東京にもあるというか、むしろFC東京にあると思うんですけどね。
お互い、ボールを奪った後のプレーでミスしすぎ。
奪っては奪われて、奪われては奪ってな感じでボールがまったく落ち着かない。
それでも前半はFC東京がまだがんばってて、チャンスもそこそこ作ってたのにシュートをボンボンはずすはずす。
後半になるとFC東京はもうぐずぐず。
もちろんサンガもぐずぐず。
後半は両チームあわせて決定的なチャンスは、開始直後のパウが抜け出してGKと1対1のみ。
なんて試合なんだ!

アンドレは周りの選手とタイミングが合わない上にジャーンに完全に抑えられてグダグダ。
アンドレがちゃんとポストやってボールを散らしてくれたらもっと攻撃のバリエーションが増えるのに。
今日は確実に林を使っておく方がよかったんじゃないでしょうか。
パウリーニョもPKはナイスだったけど、ドリブルおっきかったりオフサイドとられまくりでイマイチの出来。
PKもらった場面も、たぶん倒されてなかったら決めれてなかったような。
伊野波サンキュー。
全体的に攻撃は単調すぎ。
もっとサイドチェンジとかバンバンやったらいいのに。
斉藤がたまーに思い出したようにサイドチェンジしてたのしか記憶に無い。
サンガには斜め45度以上のキックを蹴れるのは斉藤しかいないんでしょうか。
ディフェンスはやっぱりもうちょっと対人の強さが欲しい。
後半は改善されてたけど、前半は対人が弱すぎていらないところでファールをやりすぎ。
あんなにセットプレーのチャンスあげてどうするんでしょうか。
とは言え、石井のボランチは結構いいですね。
攻撃に入るときの連携がイマイチなような気がしましたが、いい感じだったと思います。

とは言え、とは言え、何と言っても勝ち点3は大きいです。
究極的には内容なんてどっちでもいいんですよ。
結果がついてくれさえすれば。
ぜーたくなことは言ってられません。
とりあえず勝ってよかったー。
ばんざーいぃぃ。
posted by Aorta at 21:43| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

今日はひと言セファリック

せふぁついし
posted by Aorta at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

泣くようぐいすセファリック

パソコンの漢字変換能力がへぼ過ぎる。
「なくようぐいすせふぁりっく」と入力して変換したら「泣く用具椅子セファリック」になった。
あまりのアフォさに小生感動。
さすがに用具椅子は直したが、泣くよは面倒なので放置プレイにすることにした。
春が来たうれしさのあまり涙を流しているうぐいすを、セファが遠くから双眼鏡で観察している画が想像されてなかなかいいタイトルになった。

とまぁ、こんな感じで本題に関係ないことを書いていたら、もともとなにを書こうと思っていたのか忘れた。
たぶん大したことではないので、まっいいか。
最近、小生の脳ミソもパソコンの漢字変換能力に負けず劣らずアレである。
まいったまいった。

そう言えば、植草教授がまた変なことやらかして捕まりましたね。
今回も否認しているらしく、なかなかファンキーなお人です。
前回は手鏡を没収されたそうですが、今回は何を没収されるのでしょうか?
再犯に備えて没収しておいた方がいいであろうものがいろいろ思いつきますが、小生の上品なブログでは具体的には触れないでおきましょう。
posted by Aorta at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察じゃない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

カレー好きなセファリック

5ヶ月ぶりくらいにカレーを作った。
ご飯にかけて食べた。
辛かった。
うまかった。
ごっつぁんです。
posted by Aorta at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 観察じゃない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

騙されたよセファリック

いや、騙されましたよ。
いや、ほんとに騙されましたよ。

何に騙されたかと言うと、ずばりローソンに。
というかむしろローソンチケットに。

店頭のポスターで10-FEETのツアーの大阪公演と京都公演を先行予約すると書いていたので、京都公演行きたいなぁと思って小生はチケットを予約しに行ったのですよ。
先行予約は7時からだったんですけど、それまで友人とご飯を食べていたので、少し遅れてローソンに到着。
急いでロッピーのところに行き、ロッピーを弄る。
Lコードを入力して、公演日は12/9を選んでゴー。
「しばらくお待ちください」の表示に従って待つこと1分くらい。
まだ残ってるよなぁとどきどきしながら待つこと1分くらい。
出てきた画面は、「ただいまお申し込みの操作を実行できません。詳しくはお近くの店員にお尋ねください。」みたいなメッセージを発している。
はぁ?と思って同様の操作をもう1回。
また同じメッセージが出る。
で、仕方なく店員を呼んで聞いてみると、しばらく待たされた挙句「ちょっと分かりません」とかふざけたことを言われる始末。

ここじゃ埒が明かないので、別のローソンに移動。
そこでロッピーを弄ってみてもおんなじメッセージが出て、小生の怒りといらいらは極限に。
またまた店員を呼びつけてどういうことか聞くが、こちらも何にも分からないみたいでおろおろするばかり。
小生、ローソンの店員の教育の悪さに驚きを隠せない。
大阪公演は次の画面に進めるのに、京都公演ではストップがかかるということは、京都公演は先行予約をやっていないに違いないと言う結論に達した小生は店内に貼ってあるポスターをまじまじと見つめる。
このポスターが本棚に半分隠れて見えてないところもローソンのいい加減さをひしひしと感じて小生怒りを禁じえない。
それはまぁ置いておくとして、どうみてもポスターには10-FEETの京都公演と大阪公演で先行予約があるように書いてある、ように見える。
しかし、本当によくよく見てみると、先行予約の電話番号が書いてある部分の上には小さくて見えにくい文字で「大阪公演」と書いてある。
そして、本棚に隠れて見えにくいその右側には「京都公演」と書いて先行予約のスペースは空白で一般販売についてだけ書いている。

こんなの誰が気づくんじゃい!
あのポスター見たら100人が100人京都公演も先行予約があると思うだろ。
ポスターのどっかにきちんと京都公演は先行予約はありませんってちゃーんと書いとけやボケ!!
店員も店員で、自分の働いてるコンビニのことなんやからちゃんと把握しとけって。
店員に尋ねてくださいってメッセージが出てるのに店員が何にもわからんくてどうすんの?
みんながみんな把握しとかなくてもいいけど、少なくとも一人ぐらいは分かる人置いとけや!

とまぁ、こんな悪態がすぐさま頭に思い浮かんだ小生ですが、ぐっとこらえて黙ってローソンを退出。
外に出てから「ローソンヌッ殺す」とぶつぶつつぶやきながら、ローソンに中指を立てて立ち去る小生だったのでした。

でも、今日のローソンはほんとにありえなかったと思う。
紛らわしいポスターに、店員の対応のまずさ。
投書しちゃおうかしら。
ラベル:音楽 10-Feet
posted by Aorta at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

明日はテストだセファリック

明日はテストなのにのんきに「X−MEN2」なんぞ見てしまった。
どうやら3部作のうちの2作目らしい。
先週1作目もなんとなく見ていたが、1作目より2作目のほうが断然面白かった。
だいたい3部作の作品は、2作目が中だるみして微妙になるのに、なかなか珍しいシリーズだなと妙なところで感心してしまった。
あと、悪役のマグニートーをやっている役者さんがロードオブザリングのいい魔法使いのガンダルフなのに、日本語版の吹き替えでは声が悪い方の魔法使いのサルマンに聞こえるのがなかなか面白い。
お前どっちやねん、とつっこんでしまう。

それにしても、テスト前はいらんことをいっぱいしたくなって困る。
無駄にインターネットをふらふらしたり、部屋の掃除をしてみたり、家事をがんばってみたり。
あと、異様に眠くなるのも困る。
テストがないときは無駄に夜更かしするのに、テスト前になるとどうも早寝したくなる。

最近サボリ気味のブログを突然書いたりするのもテストの魔力に違いない。
うん、さすがテスト。
posted by Aorta at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察じゃない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

ハイテンションなセファリック

ね、ねえさん、小生はや、やりましたよ。
エ、エルレ、ELLEGARDENの対バンツアーのチケットが取れました!
イエス!イエスッ!

朝からものすごいテンションです。
興奮しすぎて、思わず一人称を「小生」じゃなくて「僕」にするとことだった。
あぶないあぶない。
昨日からキンチョーしてあんまり眠れず、今日も寝苦しさもあって6時半くらいに目が覚めました。
かなり時間があったのでエルレのDVD見たり、CD聞いてたりしたらもうテンションがあがってあがって・・・。
おまけにチケットが取れた日にゃあ、もう言うことなしです。
チケットを受け取ったローソンから出た瞬間、「イエス!」とガッツポーズをぶちかまして、店に入ろうとしたちびっ子に「なにこの人?」みたいな目で見られてもぜんぜん平気ですよ。
そのちびっ子のお母さんが、こっちをちらちら見ながらちびっ子に何か耳打ちしててもぜんぜん平気ですよ。
親子がこころもち小生を避けるように店に入っていってもぜんぜん平気ですよ。
だってうれしいんですもの。
このうれしさはちびっ子やお母さんには分かるまい。
ははっ。分かるまい。

はー、ライブが今から楽しみだ。
チケット取れたらなんかどっと疲れが出て眠くなってきた。
もう寝るしかない。
ヒュー、バタン、キュー。
ラベル:ELLEGARDEN
posted by Aorta at 10:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

1-0のセファリック(日本−イエメン)

まぁ、なんとか勝ててよかったというのが第一の感想。
これでアジアカップの本選出場もほぼ間違いなく決まったし、よかったよかった。

相手が格下とは言えアウェーなのでまぁ勝てればいいんじゃないかと思う一方で、このクオリティの低さはどうしたもんかなと思わなくもない。

きついスケジュールに空気の薄い高地、コンディションの悪いピッチでさらに経験の浅い選手達。
こんな条件が重なっているにもかかわらずいろいろ求めるのは酷だとは思うんだけど、それでも今日の試合はちょっといただけないと思わなくもない。
これはオシムが監督に就任してどうこうと言うレベルではないんじゃないだろうか。
ズィーコのときとあんまり変わってないような気がする。
今日、唯一おもしろいなと思ったプレーは、後半15分過ぎの坪井のオーバーラップからのシュート。
これだけは面白かった。
ズィーコのときはありえない。
巻を追い抜いてゴールに向かっていくあの坊主頭は誰だ?もしかして小野伸二が代表に選ばれなかった腹いせにイエメンまで遠征してきて乱入か、と思ったら坪井だった。
最後のシュートはちょっとへなちょこ気味だったけど、とても可能性を感じたプレーだった。
ディフェンスラインの選手がボールを持ってオーバーラップして、ボールを誰かに渡して自分は裏に抜け、最後は追い抜いてもっかいボールをもらう。
まるでストヤノフじゃないですか。
ストヤノフ的役割はてっきりトゥーリオがやるもんだと思っていたら、坪井もかなりよかった。
グッと来た。

それ以外は面白くないプレーばっかり。
ぜんぜん心躍らなかった。
誰もあんまり積極的に状況を打開しようとしてなかったし。
もっと中央でドリブルで突っかけてディフェンスを切り開く、もしくは最悪でもいい位置でファールをもらえる人材が欲しい。
最後の我那覇のゴールは作戦が見事にハマっていい感じだったけど、まぁ教科書どおりという感じでうまくやったなという感想くらいしか思い浮かばない。
小生はもっとグッと来るプレーを見たいんですよ。

そりゃあ、このまま時間をかけてチームを熟成させていけば、いつかはオシムの言うスペクタクルなフットボールが見れるときが来るかもしれないが、それに十分な時間はあるんだろうか?
今の状況を見ているととてもイエスとは言えない。
ピャっと集まってピャっと練習してピャっと試合して。
こんなのでほんとに完成度の高いチームは出来るのかなと思う。
しかも、個人を尊重したズィーコに対して、オシムはチームのために個人に求めるものが多いし大きい。
道のりは前途多難。

とは言え、まぁがんばってもらうしかありません。
なんだかんだいいながらも小生は期待しています。
オシム大好きですし。
オシムのフットボール大好きですし。
とりあえず今回の勝利で、勝敗が重要視される試合は当分なくなったので、気長にチームを作ってもらいましょう。
その中でどんどんグッと来るプレーを増やしてもらって・・・。
いつかは、こんな記事を書いたことを土下座して謝りたくなるような試合を見てみたいなぁ。
posted by Aorta at 00:02| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

0-1のセファリック(日本−サウジアラビア)

サッカー日本代表、アジアカップ予選のアウェー・サウジアラビア戦。

まぁ、なんと言うか悪い意味でチームの若さが出た試合だったんじゃないでしょうか。
ミスを連発して、相手にボールを献上。
安易なプレーでこれまた相手にボールを献上。
オフェンスではフィニッシュに精度を欠いて決定力不足。
ディフェンスでは寄せが甘いし、人を見るのかスペースを見るのか中途半端。
失点シーンはまぁ不運としか言い様がないですけど。

とは言え、相手はサウジだし、何よりアウェーだし、まぁ負けてもダメージはあんまりないとは思います。
例えオシムと言えど、一朝一夕でチームを劇的に変えられるわけでないということも分かって、マスコミなんかもちょっと落ち着くといいんですけど。
差し水的な感じで、これでチームも落ち着いて一歩ずつ地道にステップアップしていって欲しいものです。

眠いのでこれくらい。
posted by Aorta at 04:42| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

UDONなセファリック

ここ最近、ブログの更新をサボりまくりである。
まぁ、なんだかんだいろいろやることがあって忙しいのでしょうがない。

今日は映画を見てきた。
「UDON」である。
香川の名物讃岐うどんを描いた異色の映画。

実は小生、香川出身である。
高校まで香川でずっと暮らしてきた。
もちろんうどん好きである。
香川でずっと暮らしていた間はそれほどでもなかったのだが、大学で香川を離れると、途端に食べたくなってしまう。
たまに香川に帰省してうどんを食べると、やっぱりうどんは自分のアイデンティティーの一部を形成しているんだなぁということを実感する。
大袈裟だと思われるかもしれないが、大袈裟ではない。
むかしは安くておいしいからうどんを食べていたが、今になって考えると、香川でうどんを食べるということは、その行為自体で香川県人としてのアイデンティティーを確立していくことなんだなと思う。
そのためかどうかは分からないが、小生、香川が大好きである。
本当にいいところだ。
特に何もないところだが、都会にはない魅力があると思う。

香川の話はこれくらいにしておいて。

肝心の映画は結構よかったと思う。
何よりよかったのは、小生の生活圏にある風景がスクリーンにバンバン映ったことだ。
見知った風景が出てくるたびに、小生大コーフンしてしまった。

出演者の讃岐弁が微妙な部分も結構あったが、まぁそれはしょうがないだろう。
第一、全国区の役者が讃岐弁なんてしゃべっている時点で違和感がありまくりだ。
ただ、要潤は香川県出身だけあってしっくりきていた。
トータス松本も関西出身のためか、悪くない感じだった。
鈴木京香と升毅の讃岐弁はかなり微妙。
まぁ、讃岐弁自体、何ともいえない微妙な言葉なので仕方ないでしょう。

あと、よかったのがうどん屋の人たち。
これはたぶん役者さんじゃなくて、ほんとのうどん屋の人が出演していたと思うのだが、ソボクでとってもいい味を出していた。
あんなおっちゃんやおばちゃんいるよーってな感じだった。

香川出身の役者さんもいっぱい出ていて面白かった。
藤澤エマさんが何ともいえない微妙な役で出てきてたのが面白かった。

ストーリー自体もよかった。
派手さはなく、(一部を除いて)とても落ち着いたストーリだったが、香川らしくてよかった。
都会で派手にいろいろやって注目を集める人がいる一方で、地方にはこんな風に地道に、でもかっこよく生きている人たちがいるんだよって言うことがよく表現されていたと思う。
あと、マスコミ、そして流行の勝手さみたいなものも表現されていていろいろ考えさせられた。

まぁ、いろいろ書いていたらきりがないのでこれくらいにしておこう。
最後に2つほど言いたい。

香川の人たちは、自分達が住んでいる土地のことを普通に「香川」と呼んでいる。
「讃岐」と呼んでいる人なんかほとんどみたことがない。
あくまで「香川」である。

あと、「讃岐」の発音について。
「讃岐うどん」の発音から分かるように、「さぬき」はアクセントも音の高低もなく、まったく平板な発音である。
それなのに、関西・関東に限らずなぜか「・ヌキ」と「サ」にアクセントを置いて発音する。
これを聞くと小生はとても違和感がある。
高い山がほとんどない香川県にちなんで、ぜひ「さぬき」の発音も高低のない平板な発音でぬるくやって欲しいものである。
ラベル:映画
posted by Aorta at 01:12| Comment(3) | TrackBack(1) | 観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。