2006年08月03日

がっかりしたよセファリック

ボクシングももう終わりですね。
今日の亀田興毅の試合を見て思いました。

9時直前に試合の存在を思い出して「もう終わってるかな」と思ってテレビをつけてみたらなぜか国歌斉唱の真っ最中。
テレビ中継は7時半からなのに、なぜ試合は9時から?
むしろ逆で、試合は9時からなのになぜテレビ中継は7時半から?
まぁこれは関心が高いからという理由にしておきましょう。

肝心なのは試合内容。
1ラウンドに亀田がダウンを奪われ、他のラウンドでもそれを挽回するほどの内容は残せなかったのになぜか亀田の判定勝ち。
小生、格闘技は好きだけどボクシングはあまり見ないのでポイントのつけ方についてはよく知らないんですが、明らかにおかしい判定でしたよ。
3人の審判のうち1人が115対112でランダエタ。
残りの2人が113対115、113対114で亀田。
どうやったら1人が115対112、もう1人は113対115のように逆の判定がなされるんでしょう。
ランダエタの勝ちとした審判がこの試合についてどう考えているかぜひ聞かせて欲しいです。
「私にはなぜ黄金色の菓子折りがないんだ」とかなんとか怒っているかもしれませんね。

こんな試合で亀田が勝って世界王座を獲得しても、亀田のため、日本ボクシングのためにはまったくならないと思います。
ここで亀田が負けてしまっても誰も亀田を責めないでしょう。
「今回は負けてしまったけど、まだ若いし、もっと練習して次こそは勝ってくれ。これからも応援している。」とみんな思うのではないでしょうか。
逆に今日勝ってしまったことで、不可解な判定に醒めてしまった人は多いと思います。
少なくとも小生は、メディアにおける扱い方、そしてボクシング自身に対して大きく失望しました。
たぶんこれからは、よほどのことがない限りボクシングを見たいとは思わないでしょう。

これから亀田選手がどのような選手生活を送るのかはわかりませんが、今日の勝利がこれからのためになるのかについては大いに疑問です。
せっかくの若くて将来有望な選手をつぶすことになってしまわないか心配でなりません。
ラベル:ボクシング
posted by Aorta at 00:36| Comment(1) | TrackBack(2) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。