2006年07月21日

まほろ駅前多田便利軒セファリック

4163246703まほろ駅前多田便利軒
三浦 しをん
文藝春秋 2006-03




出版社 / 著者からの内容紹介
東京のはずれに位置する‘まほろ市’の駅前にある便利屋「多田便利軒」に舞いこむ依頼はどこかきな臭い。多田と行天コンビの魅力満点の連作集!


4月の頭くらいから買おうかどうか悩んで結局見送ったこの作品ですが、直木賞受賞を機に買ってみました。

で、読んだ感想ですが、まぁ初めにサクッと言っときましょう。
これは直木賞をとるような作品ではないと思います。

小生、三浦しをんは結構好きですし、この作品も悪くなかった、というか面白かったのですが、直木賞とる作品ではありません。
他の候補作は「砂漠」しか読んでなくてこんなこと言うのも何なんですが、何でこの作品が直木賞なのか分かりません。
ほんとに、文藝春秋から刊行されてることぐらいしか受賞理由が思い浮かびませんよ。
明らかに「砂漠」の方が面白かったです。
まぁこれは小生の伊坂びいきからかもしれませんが。

それに、よく考えたら小生はあんまり直木賞の作品を読んでいないので、もしかしたら直木賞の選考委員の方々はこんな感じの作品がすきなのかもしれませんね。
選評を読んでみたいですね。

とまぁ、こんなに批判ばっかり書いてたら面白くないのかと思われてしまうかもしれませんが、作品の名誉のために書いておくと、面白いですよ。
ただ直木賞に値するほどの面白さかと言われるとちょっと怪しくなるだけです。

あらすじは、東京近郊のまほろ市の駅前で便利屋をやっている多田のところに高校の同級生の行天が転がり込んできて、バツイチ独身男二人で便利屋をやりまっせーみたいな話です。

ただ、このあらすじから感じられるほど軽い話ではありません。
そこは三浦しをんらしいというかなんと言うか、個々の短編もそして作品全体としての雰囲気も、落ち着いているというかしっとりしているというか、まぁとにかくカラッと軽い感じではないです。
作品全体としてのテーマも、家族だとか、魂の再生だとか結構重いですし。

まぁ、この辺のエンターテイメントでありながらも重いテーマ性があるというところが受けたのかもしれませんが。
でも直木賞って純粋にエンターテイメントとして面白いものに与えられるべきじゃない?と思うのは小生だけなんでしょうか。
芥川賞と対になっている意味はそうじゃないのかなぁ。

まっ、そんなことはいいです。

とにかくいろんな意味で三浦しをんらしい作品でした。
主人公がバツイチ独身男二人という時点でかなり三浦しをんテイストがむんむんしてますが。
そんな感じで、普通の読者には普通の読者なりの楽しみ方があり、コアな三浦しをんファンにはそれに加えて別の楽しみ方がある、そんな作品です。
小生は普通の読者ですが、コアなファンであればあるほどこの作品は受けるんじゃないかなと思います。
それが何を間違ったか直木賞を取ってしまうなんて。
うーん、不思議だ。
不思議だ不思議だ。
タグ:読書
posted by Aorta at 00:53| Comment(3) | TrackBack(4) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。