2006年07月09日

3-1のセファリック(ドイツ−ポルトガル)

終わってみれば3-1。
これほど結果に差が出る内容ではなかったと思うんですけどね。
むしろ作った決定機の数ではポルトガルの方が多かったような。
ポゼッションでも圧倒的にポルトガルが有利でしたし。

結局どこに差があったかというとやっぱり決定力の話に行き着くのでしょうか。
ドイツが先制する前に何回かあった決定機で、ポルトガルが得点できていれば大きく流れは変わっていたでしょうね。
今回はポルトガルの決定力のなさを責めるよりはドイツのカーンの好セーブを褒めるべきでしょうけど。
ほんとにナイスセーブでした。
超絶ミドルを2本決めたシュヴァインシュタイガーと並んでMOMです。

それにしてもドイツはここまでよくがんばりましたね。
はっきり言って、世界最高レベルのタレントはいないし、特に特徴があるチームではないのに、3位です。
クリンスマン監督の手腕とチームとしてのまとまりがよかったのでしょうか。
試合を重ねるごとにどんどんいいチームになっていました。
今日も主将のバラックが欠場、ディフェンスラインは総入れ替え。
これでも勝てちゃうんですから。
ほんとにいいチームでした。

一方ポルトガルは・・・。
うん、ベスト4っていうのはよくがんばった方じゃないでしょうか。
せいぜいがベスト8だと思っていましたから。
大会を通じてマニシェがよかったですけど、デコはイマイチだったかな。
クリスティアーノ・ロナウドは、いい技術を持ちながらそれが肝心のときに活きていなかったような。
やっぱりまだ若いということでしょうか。
今後に期待しましょう。

と言うことで、3位4位は決定しました。
後は優勝準優勝のみ。
楽しみです。
やっぱりイタリアかなぁ〜。
posted by Aorta at 11:24| Comment(0) | TrackBack(8) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。