2006年07月06日

1-0のセファリック(フランス−ポルトガル)

最後まで目が離せない展開のゲームでしたが、結局フランスが勝利。
決勝進出を決めました。

最後はポルトガルが攻めて攻めて攻め倒しましたが、終わってみればそれも含めて、今日はフランスが思い通りの試合運びをできたような気がします。

先制して、その1点を守り抜く、堅い守備を基盤にしたフットボール。

中盤まではある程度ボールを自由にまわさせて、中盤以降でボール保持者に対して人数をかけてプレスをしてボールを奪う。
クリスティアーノ・ロナウドがドリブルで何人抜いてもどんどん出てきて囲まれちゃいます。
あれじゃあいくら闘牛相手に練習してても無理ですよ。
ペナルティエリアまでボールを運ばれることはほとんどありませんでした。
一方、サイドからのクロスには鉄壁のセンターバックが跳ね返す。
いくつかピンチはあったものの、ほぼプランどおりでしょう。
攻撃面では、ジダンはブラジル戦ほどキレてはなかったもののいい動きでしたね。
やっぱり引退しちゃうのはもったいないです。
あと、今日はアンリがよかった。
ディフェンスのテュラムと並んでMOMあげてもいいくらいです。
ブラジル戦大活躍のリベリはそんなにキレてはなかったかなぁ。

対するポルトガルは、デコがほぼ完璧に抑えられたのが痛かったですね。
よく「デコあってのポルトガル」と言われますが、裏を返せばデコが抑えられると、その存在が消えるだけでなく、チームにとって大きなマイナスになるということです。
スラムダンクで「エースは抑えられるくらいなら出ない方がマシだ」みたいなセリフがありましたが、まさにこれですね。
まだ出場停止だったイングランド戦の方がチームにとってはよかったんじゃないですか。
クリスティアーノ・ロナウドは結構キレてましたけど抑えられちゃいましたね。
やっぱりまだまだ若いと言うことでしょうか。
フリーキックでは大リーグボールばりの魔球を蹴ってましたね。
ボールを受けるバルテズが、バレーのレシーブを初めてやる運動が苦手な小学生に見えましたよ。

とまぁ、そんな感じの試合でした。
悪い試合ではなかったんですが、昨日の試合と比べてしまうとやっぱり見劣りする感じでした。
実際、何度か1分ほど意識が飛んでる時間がありましたし。
うー、眠い。

しかし、こんな眠い日もあと2日を残すのみ。
決勝はイタリア−フランスとなりました。
決勝にこのカードを予想した人はどれくらいいるんでしょうか。
ほとんどいないんじゃないでしょうか。
そんな予想外の決勝戦ですが、両チームのパフォーマンスを見ると、面白い試合になりそうです。
今から楽しみです。
posted by Aorta at 06:30| Comment(0) | TrackBack(6) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。