2006年07月05日

2-0のセファリック(イタリア−ドイツ)

延長後半ラスト2分くらいでイタリアが2点。
長かったスコアレスの状態に終止符を打ちました。

前半はイタリアペース。
後半はドイツペース。
延長に入ってからは両軍入り乱れてのカウンター合戦。
ほぼ互角の戦いでしたが、最後に勝ったのはイタリアでした。
でも、ほんとにどっちが勝ってもおかしくなかったと思います。
何回かあった決定機を決めていれば、流れはかなり違ったものになったでしょう。

それにしても、ここでドイツが力尽きましたか・・・。
いや、でもドイツはよくがんばったと思いますよ。
開幕前は日本に引き分けたりして、ボロクソに言われて。
そこから試合を重ねるごとにチームの完成度が上がっていって。
最後はとても魅力的なチームになりました。
ホスト国として十分な結果を残したのではないでしょうか。

対するイタリアも開幕前はセリエAの八百長疑惑で揺れていました。
しかし、それを糧に決勝進出。
胸に期するものがあったのでしょう。

両チームともディフェンスが堅く、準決勝にふさわしい見ごたえのある試合でした。
やっぱりチームの総合力はイタリアのほうが高かったような気がします。
ドイツはホームの利と勢いで何とかなると思っていたんですけど。
結局、この時点で小生のベスト8以後の勝敗予想は全部外れちゃいました。
やっぱり予想なんてするもんじゃないですね。

最後に、やっぱりガットゥーゾはカッコええなぁ。
男の理想ですよ、あのヒゲは。
足をつって伸ばしてもらっている姿もかっこいいですしね。
NHKの実況アナウンサーもガットゥーゾ好きなのか、試合中ガットゥーゾを連呼してましたね。
それにしても、ガットゥーゾとピルロは世界最高のボランチコンビじゃないですか。
バランスよすぎ。
決勝もガットゥーゾが楽しみです。
posted by Aorta at 06:52| Comment(0) | TrackBack(14) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。