2006年07月02日

1-0のセファリック(フランス−ブラジル)

いやー、試合前はブラジルが負けるなんてまったく思ってなかったんですけどねー。
ジダンの最後の勇姿でも見ておこうかという気持ちでみていたこの試合。
予想外にフランスが勝ってしまいました。

それにしても今日のフランスはよかった。

守備面では豊富な運動量で中盤から激しいプレスをかけて、ブラジルのボールを中盤でバシバシ奪う。
思わず見とれてしまうような中盤のプレスでした。
この中盤での守備で、前線での起用になったロナウジーニョにボールをまったくと言っていいほど触らせずに完全に封じ込めます。
前半の途中から後半の中盤くらいまではロナウジーニョがほとんどボールに触れなかったせいでブラジルはリズムを作れず、逆にフランスはいいリズムを作りました。

攻撃ではジダンを中心に、真ん中からサイドへ、サイドから真ん中へボールをどんどん動かして、最後はワントップのアンリをターゲットに。
まさに狙い通りの試合展開という感じでした。
対するブラジルは最終ラインでフランスの攻撃を跳ね返すという感じ。
ただ、攻められているとは言っても、ブラジルの最終ラインはやはり安定していて、あまり点を取られる感じはしませんでした。

中盤でボールを奪ってダイナミックに動かすフランスに対して、最終ラインでそれを跳ね返すブラジル。
そんな均衡が崩れたのは後半12分のジダンのフリーキックでした。
ジダンが蹴ったボールは、ヘッドを狙うフランスの選手とそれをマークするブラジルの選手の上を越えてファーへ流れ、ベストポジションに走りこんできたアンリの足にドンピシャリ。
集中力が切れていたのか、ブラジルは誰もアンリのマークに行っていない。
どフリーのアンリはドンピシャリのクロスをゴールに叩き込んでネットを揺らします。
ジダンからアンリへ。
もう感動的です。

その後はブラジルが嵩にかかって攻めますが、結局フランスからゴールは奪えず。
前回大会から続いたブラジルの連勝も11でストップです。
ロナウジーニョは結局あまり輝きを見せられないままドイツを去ることになりました。
ロナウドはやっぱり動きが重かったような。
初めからアドリアーノを使っていれば・・・と思わなくもありません。
とは言え、もう終わったこと。
セレソンのW杯は終戦です。
いいタレントをそろえていながら、なんか優勝する感じはしなかったブラジルですが、こんなに早く姿を消すとは思いませんでした。
やっぱりフランスとは相性が悪いんでしょうか。

一方のフランスはここに来て俄然いいチームになってきました。
グループリーグのときは決勝トーナメントに進出できれば御の字だという感じだったのに。
もしかしたらこのまま勢いにのって・・・と言うこともありえなくはない感じです。
それにしても、ジダンは凄すぎ。
やめるなんていうのはまだ3年は早いんじゃないでしょうか。
正直ラストゲームだと思っていただけに、また見られるのが純粋にうれしいです。
いやー、ジダン最高っ!

これでベスト4がそろったわけですが、全部ヨーロッパのチームになっちゃいましたね。
やっぱりヨーロッパ開催はヨーロッパが強いのか。
ふー、準決勝からはユーロ2006だなこれは。
posted by Aorta at 06:24| Comment(0) | TrackBack(13) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0-0(PK1-3)のセファリック(イングランド−ポルトガル)

イングランドが散っちゃいましたか。
なかなかベスト4の壁が越えられませんね。
途中交代のベッカムもさぞ無念でしょう。
後半になんかよくわからないうちにレッドカードをもらっちゃったルー兄さんもさぞ無念でしょう。
あれは何がレッドだったんですかね?
プレー自体はレッドを出すほどの悪質なものじゃなかったと思うんですけど。
その後確かにロナウドの胸を小突いてましたけど、あくまで小突くくらいでレッドの対象になるほどじゃないでしょう。
持ち前の気性の荒さで審判に暴言でも吐いちゃったんでしょうか。

とにかくこのレッドで試合の均衡が崩れました。
それまではほぼ五分五分だった流れがポルトガルへ。
イングランドは前線に倉内さんを投入するも、一人ではどうしようもなく、攻め手に欠きます。
ただ、攻め手に欠いたのはポルトガルも同じ。
ポゼッションは出来ても決定機は作れない。
まぁ、なんちゃらの一つ覚えのようにスカスカのサイドにボールを流してましたが、イマイチクロスの精度に欠いたりで機能していませんでした。

とまぁ、そんな感じでレギュラーの90分、延長の30分が過ぎてPKに。
連夜の夜更かしを助長する粋な計らいです。

イングランドは頼みの綱のランパードやジェラードがポコポコはずしてしまい、結局ここで終戦。
せっかく粘ったのにね。
PK3本目のジェラードが決められなかったのが痛恨でしたね。
あれ決めときゃあリードしてたのに。

とは言え、10人でよくがんばりましたよ。
それにしても、イングランドはタレントは結構そろっていながらイマイチいいパフォーマンスを発揮できないまま大会を去ることになってしまいましたね。
もうちょっとキレキレの両ボランチを見てみたかったなぁ。

ポルトガルはデコがいない中よくがんばりましたよ。
フェリペコーチはこれで12連勝。
恐ろしい勝ち運です。
いつまで続くかな。

最後にテレビ中継について。
やっぱり日テレのサッカー中継はクソですね。
実況が特に。
実況のくせにあからさまに特定のチームを応援するのはいい加減やめて欲しいですね。
自分の家のお茶の間でテレビ見てるんじゃないんだから。
大したことない場面でいちいち叫ぶのはやめてください。
まぁ、いつかのアルゼンチンの試合みたいにうるさい芸能人とかうるさいサッカー選手がいなかっただけまだマシですけど。、
posted by Aorta at 03:49| Comment(0) | TrackBack(11) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。