2006年07月07日

ネコソギラジカルセファリック

地味に小生の中で行われていた「今更ながら戯言シリーズ大人買いツアー」もとうとうラストです。

4061823930ネコソギラジカル (上) 十三階段
西尾 維新
講談社 2005-02-08

by G-Tools


406182399Xネコソギラジカル (中) 赤き征裁VS.橙なる種
西尾 維新
講談社 2005-06-07

by G-Tools


4061824007ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い
西尾 維新
講談社 2005-11-08

by G-Tools


本来はここであらすじを引用するのですが、さすがに3冊分も引用すると量も膨大でしつこくなってしまうのであきらめます。
まっ簡単に言うと、世界の終わりを目撃したいという野望を持つ戯言シリーズのラスボスたる狐面の男が、その野望のためになぜか戯言使いを敵に見立ててバトルを仕掛けてくるみたいなお話です。

はぁ、とうとう終わりです。
長かった戯言シリーズもついに読了です。
間にテストを挟んだりW杯があったりで意外に時間がかかっちゃいました。
これだけ長い間読んでいれば、やっぱり終わってしまうとなんか寂しくなりますね。

はっきり言って、小生の中でこの戯言シリーズの評価は微妙です。
面白いとは思うんですけどねぇ。
読み出したらすらすら読めて、なかなかやめられませんし。
途中で読むのをやめようと思ったことはなく、むしろ早く次を読みたいと思ってここしばらく戯言シリーズ以外の本は読んでませんし。

でも、もろ手を挙げて傑作だとはいえない。
それはやっぱり、物語の中で小生には消化し切れなかったことが多々あったからだと思います。
伏線とか謎だとかそういうモノではありません。(確かに伏線だとか謎が回収しきられずにちょっと気持ちが悪い部分もありましたけど。)
むしろもっと抽象的なモノです。
思想とか心情とか哲学とか、そんな感じのものと言えばいいでしょうか。
そのせいで登場人物に感情移入がしにくかったのは確かだと思います。
また時間があるときにでもじっくり読んでみたいと思います。

おっと、これではネコソギラジカルの感想というよりは戯言シリーズの感想になっちゃってるじゃないですか。
一応ネコソギラジカルについても書きましょう。

この作品のテーマの大きな部分は「世界の物語性」だと思います。
「世界の物語性」、つまりこの世界は筋書きが存在する物語なのかどうかということです。
戯言シリーズのラスボスたる狐面の男は物語性を完全に信じています。
そしてその物語の終わりを見るためにいろいろ試行錯誤して戯言使いにちょっかい出したりしてるわけです。
この考え方は面白い考え方だと思います。
そしてある意味便利な考え方だと思います。
この考え方に従うと個人の行動に意味がなくなっちゃいますから。
自分がある行動をしなくても、その行動が世界の物語にとって必要であれば、同じ様な行動を他の誰かが起こすというものですからね。
使い方によっては運命論より便利です。

ただ、進化論が大好きな小生にはちょっと受け入れがたいですね。
世界にメタ的要素を配置するのは悪くないと思うのです。
まぁ、月並みな言葉を用いると神とか天ですかね。
ただ、そんなメタ的な要素がしていることは物語の執筆ではなくて、壮大な実験だと小生は思うのです。
進化論を少し勉強してみると分かると思うのですが、この世界に物語性なんかありません。
あるのは試行錯誤だけです。
執筆されているのは物語ではなく試行錯誤を繰り返した実験結果のみです。
物語と実験レポートの違いは、これから先のことが書かれているかどうかです。
物語にはラストが設定されていても、実験レポートには設定されていません。
だって明日も実験するんですもの。
だから、実験の終わりを見届けようなんていうのはナンセンスです。
実験が終わるのは実験者がいなくなるか、材料がなくなるかのどちらかです。
この場合はメタ的要素がいなくなることは考えられないので、材料がなくなるつまり地球の滅亡するときに実験は終わります。
月並みすぎます。
狐面の男も終わりが地球の滅亡だったら、さぞがっかりすることでしょう。

とまぁ、またまたネコソギラジカルにあんまり関係のない話になってしまいました。
結局ネコソギラジカルの感想あんまり書いてないな。
まっ、いっか。

とりあえず戯言シリーズコンプリート!
posted by Aorta at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

1-0のセファリック(フランス−ポルトガル)

最後まで目が離せない展開のゲームでしたが、結局フランスが勝利。
決勝進出を決めました。

最後はポルトガルが攻めて攻めて攻め倒しましたが、終わってみればそれも含めて、今日はフランスが思い通りの試合運びをできたような気がします。

先制して、その1点を守り抜く、堅い守備を基盤にしたフットボール。

中盤まではある程度ボールを自由にまわさせて、中盤以降でボール保持者に対して人数をかけてプレスをしてボールを奪う。
クリスティアーノ・ロナウドがドリブルで何人抜いてもどんどん出てきて囲まれちゃいます。
あれじゃあいくら闘牛相手に練習してても無理ですよ。
ペナルティエリアまでボールを運ばれることはほとんどありませんでした。
一方、サイドからのクロスには鉄壁のセンターバックが跳ね返す。
いくつかピンチはあったものの、ほぼプランどおりでしょう。
攻撃面では、ジダンはブラジル戦ほどキレてはなかったもののいい動きでしたね。
やっぱり引退しちゃうのはもったいないです。
あと、今日はアンリがよかった。
ディフェンスのテュラムと並んでMOMあげてもいいくらいです。
ブラジル戦大活躍のリベリはそんなにキレてはなかったかなぁ。

対するポルトガルは、デコがほぼ完璧に抑えられたのが痛かったですね。
よく「デコあってのポルトガル」と言われますが、裏を返せばデコが抑えられると、その存在が消えるだけでなく、チームにとって大きなマイナスになるということです。
スラムダンクで「エースは抑えられるくらいなら出ない方がマシだ」みたいなセリフがありましたが、まさにこれですね。
まだ出場停止だったイングランド戦の方がチームにとってはよかったんじゃないですか。
クリスティアーノ・ロナウドは結構キレてましたけど抑えられちゃいましたね。
やっぱりまだまだ若いと言うことでしょうか。
フリーキックでは大リーグボールばりの魔球を蹴ってましたね。
ボールを受けるバルテズが、バレーのレシーブを初めてやる運動が苦手な小学生に見えましたよ。

とまぁ、そんな感じの試合でした。
悪い試合ではなかったんですが、昨日の試合と比べてしまうとやっぱり見劣りする感じでした。
実際、何度か1分ほど意識が飛んでる時間がありましたし。
うー、眠い。

しかし、こんな眠い日もあと2日を残すのみ。
決勝はイタリア−フランスとなりました。
決勝にこのカードを予想した人はどれくらいいるんでしょうか。
ほとんどいないんじゃないでしょうか。
そんな予想外の決勝戦ですが、両チームのパフォーマンスを見ると、面白い試合になりそうです。
今から楽しみです。
posted by Aorta at 06:30| Comment(0) | TrackBack(6) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

2-0のセファリック(イタリア−ドイツ)

延長後半ラスト2分くらいでイタリアが2点。
長かったスコアレスの状態に終止符を打ちました。

前半はイタリアペース。
後半はドイツペース。
延長に入ってからは両軍入り乱れてのカウンター合戦。
ほぼ互角の戦いでしたが、最後に勝ったのはイタリアでした。
でも、ほんとにどっちが勝ってもおかしくなかったと思います。
何回かあった決定機を決めていれば、流れはかなり違ったものになったでしょう。

それにしても、ここでドイツが力尽きましたか・・・。
いや、でもドイツはよくがんばったと思いますよ。
開幕前は日本に引き分けたりして、ボロクソに言われて。
そこから試合を重ねるごとにチームの完成度が上がっていって。
最後はとても魅力的なチームになりました。
ホスト国として十分な結果を残したのではないでしょうか。

対するイタリアも開幕前はセリエAの八百長疑惑で揺れていました。
しかし、それを糧に決勝進出。
胸に期するものがあったのでしょう。

両チームともディフェンスが堅く、準決勝にふさわしい見ごたえのある試合でした。
やっぱりチームの総合力はイタリアのほうが高かったような気がします。
ドイツはホームの利と勢いで何とかなると思っていたんですけど。
結局、この時点で小生のベスト8以後の勝敗予想は全部外れちゃいました。
やっぱり予想なんてするもんじゃないですね。

最後に、やっぱりガットゥーゾはカッコええなぁ。
男の理想ですよ、あのヒゲは。
足をつって伸ばしてもらっている姿もかっこいいですしね。
NHKの実況アナウンサーもガットゥーゾ好きなのか、試合中ガットゥーゾを連呼してましたね。
それにしても、ガットゥーゾとピルロは世界最高のボランチコンビじゃないですか。
バランスよすぎ。
決勝もガットゥーゾが楽しみです。
posted by Aorta at 06:52| Comment(0) | TrackBack(14) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

中田が引退セファリック

いやー、中田ヒデが引退とは・・・。
ほんとにびっくりしました。
とは言え、頭の隅ではちょっと中田らしいなと思ったり思わなかったり。

彼のことですから、これを撤回して現役続行ということはないんでしょうね。
代表は引退するかもしれないけど、現役としてはまだまだバリバリでやってくれると思っていたので、残念です。
もうヒデのプレーが見れないのかと思うと信じられません。

とは言え、彼が決めたこと。
もうプレーを見れないのは残念だけど、ファンとしては新しい旅立ちを応援するしかありません。
超多才なヒデなので、これからもいろいろすごいことをやってくれるでしょう。

最後にひと言。

お疲れ様でした。
そして数々のすばらしいプレーをありがとう。
あなたのおかげでサッカーが好きになりました。
posted by Aorta at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

1-0のセファリック(フランス−ブラジル)

いやー、試合前はブラジルが負けるなんてまったく思ってなかったんですけどねー。
ジダンの最後の勇姿でも見ておこうかという気持ちでみていたこの試合。
予想外にフランスが勝ってしまいました。

それにしても今日のフランスはよかった。

守備面では豊富な運動量で中盤から激しいプレスをかけて、ブラジルのボールを中盤でバシバシ奪う。
思わず見とれてしまうような中盤のプレスでした。
この中盤での守備で、前線での起用になったロナウジーニョにボールをまったくと言っていいほど触らせずに完全に封じ込めます。
前半の途中から後半の中盤くらいまではロナウジーニョがほとんどボールに触れなかったせいでブラジルはリズムを作れず、逆にフランスはいいリズムを作りました。

攻撃ではジダンを中心に、真ん中からサイドへ、サイドから真ん中へボールをどんどん動かして、最後はワントップのアンリをターゲットに。
まさに狙い通りの試合展開という感じでした。
対するブラジルは最終ラインでフランスの攻撃を跳ね返すという感じ。
ただ、攻められているとは言っても、ブラジルの最終ラインはやはり安定していて、あまり点を取られる感じはしませんでした。

中盤でボールを奪ってダイナミックに動かすフランスに対して、最終ラインでそれを跳ね返すブラジル。
そんな均衡が崩れたのは後半12分のジダンのフリーキックでした。
ジダンが蹴ったボールは、ヘッドを狙うフランスの選手とそれをマークするブラジルの選手の上を越えてファーへ流れ、ベストポジションに走りこんできたアンリの足にドンピシャリ。
集中力が切れていたのか、ブラジルは誰もアンリのマークに行っていない。
どフリーのアンリはドンピシャリのクロスをゴールに叩き込んでネットを揺らします。
ジダンからアンリへ。
もう感動的です。

その後はブラジルが嵩にかかって攻めますが、結局フランスからゴールは奪えず。
前回大会から続いたブラジルの連勝も11でストップです。
ロナウジーニョは結局あまり輝きを見せられないままドイツを去ることになりました。
ロナウドはやっぱり動きが重かったような。
初めからアドリアーノを使っていれば・・・と思わなくもありません。
とは言え、もう終わったこと。
セレソンのW杯は終戦です。
いいタレントをそろえていながら、なんか優勝する感じはしなかったブラジルですが、こんなに早く姿を消すとは思いませんでした。
やっぱりフランスとは相性が悪いんでしょうか。

一方のフランスはここに来て俄然いいチームになってきました。
グループリーグのときは決勝トーナメントに進出できれば御の字だという感じだったのに。
もしかしたらこのまま勢いにのって・・・と言うこともありえなくはない感じです。
それにしても、ジダンは凄すぎ。
やめるなんていうのはまだ3年は早いんじゃないでしょうか。
正直ラストゲームだと思っていただけに、また見られるのが純粋にうれしいです。
いやー、ジダン最高っ!

これでベスト4がそろったわけですが、全部ヨーロッパのチームになっちゃいましたね。
やっぱりヨーロッパ開催はヨーロッパが強いのか。
ふー、準決勝からはユーロ2006だなこれは。
posted by Aorta at 06:24| Comment(0) | TrackBack(13) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0-0(PK1-3)のセファリック(イングランド−ポルトガル)

イングランドが散っちゃいましたか。
なかなかベスト4の壁が越えられませんね。
途中交代のベッカムもさぞ無念でしょう。
後半になんかよくわからないうちにレッドカードをもらっちゃったルー兄さんもさぞ無念でしょう。
あれは何がレッドだったんですかね?
プレー自体はレッドを出すほどの悪質なものじゃなかったと思うんですけど。
その後確かにロナウドの胸を小突いてましたけど、あくまで小突くくらいでレッドの対象になるほどじゃないでしょう。
持ち前の気性の荒さで審判に暴言でも吐いちゃったんでしょうか。

とにかくこのレッドで試合の均衡が崩れました。
それまではほぼ五分五分だった流れがポルトガルへ。
イングランドは前線に倉内さんを投入するも、一人ではどうしようもなく、攻め手に欠きます。
ただ、攻め手に欠いたのはポルトガルも同じ。
ポゼッションは出来ても決定機は作れない。
まぁ、なんちゃらの一つ覚えのようにスカスカのサイドにボールを流してましたが、イマイチクロスの精度に欠いたりで機能していませんでした。

とまぁ、そんな感じでレギュラーの90分、延長の30分が過ぎてPKに。
連夜の夜更かしを助長する粋な計らいです。

イングランドは頼みの綱のランパードやジェラードがポコポコはずしてしまい、結局ここで終戦。
せっかく粘ったのにね。
PK3本目のジェラードが決められなかったのが痛恨でしたね。
あれ決めときゃあリードしてたのに。

とは言え、10人でよくがんばりましたよ。
それにしても、イングランドはタレントは結構そろっていながらイマイチいいパフォーマンスを発揮できないまま大会を去ることになってしまいましたね。
もうちょっとキレキレの両ボランチを見てみたかったなぁ。

ポルトガルはデコがいない中よくがんばりましたよ。
フェリペコーチはこれで12連勝。
恐ろしい勝ち運です。
いつまで続くかな。

最後にテレビ中継について。
やっぱり日テレのサッカー中継はクソですね。
実況が特に。
実況のくせにあからさまに特定のチームを応援するのはいい加減やめて欲しいですね。
自分の家のお茶の間でテレビ見てるんじゃないんだから。
大したことない場面でいちいち叫ぶのはやめてください。
まぁ、いつかのアルゼンチンの試合みたいにうるさい芸能人とかうるさいサッカー選手がいなかっただけまだマシですけど。、
posted by Aorta at 03:49| Comment(0) | TrackBack(11) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

1-1(PK4-2)のセファリック(ドイツ−アルゼンチン)

いや、まさに死闘でしたね。
前後半の90分を闘っても決着がつかず、延長でも決着がつかず、PKでやっと決着。
アルゼンチンのGKアボンダンシエリが怪我でピッチを去ったり、最後はバラック兄さんが足を引きずって使い物にならなくなったりして大変な試合でした。

とは言っても、死闘だったのは実質的には後半から。
前半は両チームとも様子を窺い合い、にらみ合いみたいな感じでした。
中盤でお互いがボールを失いあい、前線にボールがほとんど行かず、決定的なチャンスがほとんどない。
唯一のチャンスがドイツのバラックのヘディングくらい。
枠内に飛んだシュートが両チームとも1本ずつ。
オフサイドもほとんどなし。
ラインもほとんどあげてませんでした。

よく言えば、相手のいいところを消しあった前半。
悪く言えば、慎重になりすぎて消極的な試合運びになってしまった前半。

その流れは後半開始直後のアルゼンチンの得点によって大きく変わります。
コーナーキックからアジャラがヘディングで押し込んでゴール。
ドイツはセットプレーで失点すると痛い。

そこからドイツは別のチームになったかのように攻めます。
そんな中、ドイツのクローゼとアルゼンチンのゴールキーパーアボンダンシエリが交錯してアボンダンシエリが怪我で退場。
アルゼンチンは急遽控えのレオ・フランコが出ます。
アルゼンチンにとってはこの交代が痛かった。
これで交代のカードが減ってしまったことで、メッシやアイマールといった切り札が使えなくなります。

その後もドイツは攻め続け、アルゼンチンは守備的な選手の交代でそれに対応しようとします。
しかし、とうとう後半35分にクローゼのヘッドで追いつかれてしまいます。
これでドイツは押せ押せムードかと思いきや、アルゼンチンが盛り返したりして、結局このまま後半終了。

そして延長に突入。
思い通りの交代が出来ず、攻撃の切り札を投入できなかったアルゼンチンに対して、ほぼ思い通りの交代を出来たドイツ。
ドイツが有利かなと思って見ていたら、後半終了前から足を引きずり出したバラック兄さんがどうやらかなり深刻な感じ。
ドイツは実質的に10.5人くらいで闘わざるをえない状況になりました。
それもあって、アルゼンチンが積極的に攻めます。
ドイツもカウンターをします。
でも決定機は作り出せない。
結局延長戦も前後半終了し、決着はPKに。

PKになれば俄然ドイツ有利。
なんせキーパーはミスターノーゴールのレーマン。
PK前の休憩でそのレーマンに控えのカーンが近寄って話しかけています。
うん、なんだかんだ言ってもやっぱりカーンいい人じゃないですか。

とまぁ、こんな感じでレーマンはPKを2本止めて、一方ドイツの選手はみんな決めて、死闘にも終止符が打たれました。
このPKでドイツのポドルスキが決めた後、なーんか嫌な感じの敬礼をしていたのがちょっと気になりました。
なんかナチスっぽかったような・・・。
気のせいだったらいいんですけど。
あと、最後にレーマンに止められたアルゼンチンのカンビアッソですが、NHKのアナウンサーが「若いのに経験豊富」と形容して言っていたのはやっぱり頭髪が念頭にあってのことなんでしょうかね。
とまぁこんなことはどっちでもいいんですけど。

終わってみれば、一応小生の予想通りドイツが勝利しました。
しかし、内容的にはほんとにごぶごぶ。
どちらが勝ってもおかしくなかったと思います。
結局、勝敗を分けたのは選手交代でしょうか。
思い通りの交代をして、交代をした選手がうまく機能していたドイツ。
一方、交代枠の1つを不本意に使わざるをえず、しかも守備的な交代に終始してしまったアルゼンチン。
決してアルゼンチンの交代が機能していなかったわけではないのですが、というかカンビアッソなんかはかなり機能していたと思うのですが、守備的な交代をしたのに同点に追いつかれてしまったのはやはり采配ミスと言わざるをえないでしょう。
もしメッシが出ていたら、と思った人は決して少なくないはずです。

あと、やはりドイツにはホームの利があったと思います。
特にPK戦になってしまうと、やはりアウェーのチームはつらいですね。

と言うことで、死闘を制して準決勝進出を決めたのはドイツ。
やはり事実上の決勝戦と言ってもいいような試合でした。
アルゼンチンもいいチームでしたが、やっぱり相手が悪かった。
今大会はここで去ってしまうとは言え、まだまだ有望な若手が多いチームなので4年後をまた楽しみにしましょう。

ドイツはこのままホスト国優勝に向けて大いに突っ走って欲しいものです。

最後に気になったことをいくつか。
posted by Aorta at 03:28| Comment(1) | TrackBack(8) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。