2006年06月29日

予想しましたセファリック

W杯もそろそろ佳境。
明日から準々決勝と言うことで、そろそろ優勝の予想でもしてみましょうか。

まず、明日の準々決勝第1試合ドイツ−アルゼンチン。

準々決勝随一の好カードです。
事実上の決勝戦と言ってしまってもいいかもしれません。
出場チーム屈指の実力を持つアルゼンチンと、ホスト国でありこれまで危なげなく勝ちあがってきたドイツ。
ほんとにいいカードです。
鳥肌立ちそうです。
どっちが勝つか予想するのはかなり難しいのですが、あえて小生の予想を言うとドイツでしょうか。
とは言え、確率的には6対4くらいですが。
なんか信用のならない天気予報みたいで我ながら恥ずかしいですが。
確かにアルゼンチンは個人の能力としてはブラジルと並んですばらしいものがありますが、チームとしての完成度はドイツの方に分があるような気がします。
特にグループリーグの2試合目からはディフェンスが安定してきてほんとにいいチームに仕上がっていると思います。
それにドイツはホームの地の利がありますしね。
とりあえず小生はドイツと予想します。

2試合目はイタリア−ウクライナ

これはよほどのことがない限りイタリアが勝つでしょう。
ウクライナが勝つ要素はほとんどないと思われるので、シェフチェンコの勇姿をしっかり目に焼き付けておきましょう。

3試合目はイングランド−ポルトガル

実力的には伯仲していると思うのですが、ポルトガルは前の大荒れの試合のせいでチーム状態がボロボロなのが痛いですね。
特にデコの出場停止は痛すぎる。
デコのいないポルトガルなんてポルトガルじゃない。
フィーゴに過度の期待をするのも少し荷が重いですし。

イングランドもこれまでの試合を見ているとチームとしての完成度は決してよくないようですが、手負いのポルトガルにやられるほど悪くはないでしょう。
という事で、イングランド勝利と予想。

4試合目はブラジル−フランス

まぁ、この試合もブラジル勝利はカタいと思います。
前の試合で突如目覚めたフランスとジダンですが、やっぱりブラジルの方が安定感があります。
とは言え、スペインに勝利して勢いにのるフランスは侮れません。
ジダンならなんかやってくれるんじゃないかという気がしないでもありません。
とにかく、これまたジダンの最後の勇姿になってしまう可能性が高いので、しっかり目に焼き付けておきましょう。

で、小生の予想によると準決勝はドイツ−イタリア、イングランド−ブラジルになります。
ドイツ−イタリアもなかなか難しい試合ですが、これもやっぱりドイツが有利だと思います。一方のイングランド−ブラジルはブラジルでカタいでしょう。

という事で、この予想に従うと決勝はドイツ−ブラジルとなって、前回大会と同じ組み合わせになってしまいます。
うーん、これはイマイチ面白くないな。
とは言え、これも組み合わせ。
仕方ありません。

で、この決勝の勝者ですが、準々決勝のドイツ−アルゼンチンと同じく、個のブラジルに対して、チーム力のドイツの方が有利なのではないかと思います。こちらも確率的には怪しい天気予報的な6対4ですが。

とまぁ、こんな感じでホスト国のドイツが優勝して万々歳で幕を閉じるというのが小生の描くシュミレーションです。

とは言え、決勝トーナメントも準々決勝。
どこがどこに勝ってもおかしくありません。
予想なんてアホなことは忘れて、明日からまた純粋にフットボールを楽しもうと思います。
posted by Aorta at 23:24| Comment(2) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。