2006年06月28日

3-0のセファリック(ブラジル−ガーナ)

終わってみればブラジルの圧勝でしたね。
途中ガーナが試合を支配する時間が長かったものの、結局はブラジルが完封。
ブラジルのうまさが見え隠れした試合でした。

とにかくチームの成熟度が違いましたね。
ブラジルは老練、ガーナは未熟と言う感じでした。
一番それが端的に現れていたのは決定力の違いでしょう。
純粋な意味での決定力では、ブラジルも決定機をポンポンはずしまくっていましたが、前半開始直後とロスタイムという重要な時間帯で少ないチャンスをモノにできるのはさすがという感じです。
押さえるべきところはきちんと押さえ、はずしてもあまりショックが大きくない場面で決定機をはずして苦笑いを大量生産。
一方のガーナは、はずすとショックが大きいという場面で決定機をはずし、ため息を大量生産。
結局ガーナは追い上げムードのときに得点できず波に乗れませんでした。

後はシステムとか戦術の問題でしょうか。
ブラジルは前線にあまり人数をかけなくても得点できるので、カウンターが失敗して逆カウンターをやられてもディフェンスラインには十分人数がいて安定しています。
ボランチのバランスのとり方も抜群ですし、ゴールキーパーは鉄壁なので、このチームから点を取るのはなかなか難しいんじゃないかと思います。

今のところブラジルから点を取ってるのは日本の玉田だけですね。
このままブラジルが無失点で優勝なんかしてくれたら、玉田の価値がうなぎのぼりです。
苦笑いを禁じえません。

一方のガーナはディフェンスラインがものすごく高い。
もう笑ってしまうほど高い。
このおかげで中盤でボールを支配できましたが、結局はこのせいで失点しちゃいました。
と言うことで鬼のように高いディフェンスラインは一概にいいとか悪いとか言えないんですよね。
うまくはまればかなりの武器になりますし。
W杯開幕前のドイツみたいな感じですね。
まぁ、賛否は分かれるとして、ガーナの若さが垣間見えるラインの高さでした。

結局はガーナの若さにブラジルの老練さが完勝した試合でした。

ブラジルはほとんど欠点がありませんね。
あえて言うなら、ロナウジーニョのパフォーマンスがイマイチという点ですが、まぁこれからどんどんあがっていくでしょうし、正直決勝まではロナウジーニョののパフォーマンスうんぬんにかかわらず、たぶんこのメンバーと対戦相手なら勝ち上がっていけるでしょう。

やっぱりブラジルは優勝候補の一つですね。
posted by Aorta at 02:30| Comment(2) | TrackBack(27) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。