2006年06月23日

1-4のセファリック(日本−ブラジル)

はぁ〜、さすがにこの結果はちょっとへこみますね。
これがジーコジャパンの集大成ですか。
確かにブラジルは強かったですけど、それ以上に後半の日本は不甲斐なかったです。

テンションがだだ落ちと言うか、もうグズグズな試合でしたね。
予選リーグの最終戦で、しかも決勝トーナメント進出をすでに決めているブラジルと、失点をした時点でほぼ決勝トーナメント進出が絶望的になる日本の試合だったので、後半がああいう試合になってしまうのは仕方ないのかもしれませんが、ほんとに最後はへこみましたね。

選手のコンディションもあまりよくありませんでした。
玉田がキレキレで、先発起用したジーコの采配が当たったのですが、それ以外の選手はイマイチでした。
中田ヒデは守備は頑張ってましたけど、オフェンスはミスしまくり。
中村俊輔は消えてる時間が多すぎでした。

一番痛かったのが中澤。
宮本の代わりにキャプテンになったのに、前半ロスタイムの痛恨の失点の場面でラインコントロールのミス。
ラインさえコントロールして、自分がロナウドの後ろに下がっていればオフサイドを取れたのに、ボールウォッチャーになってしまってロナウドにズドン。
あれはほんとに痛かった。

ブラジルの選手は上手かったですね。
ロナウドは2得点で‘爆撃機’ゲルト・ミュラーに並んでW杯歴代得点王となり、ジュニーニョ・ペルナンプカーノはごっついミドルでアピール。
ジュニーニョ・ペルナンプカーノのミドルはさすがでしたね。
無回転で揺れるナックルシュート。
あれでサブとはブラジルはなんて贅沢なんでしょう。

まっ、2点差を狙って攻めた結果なので、1-4という結果は妥当なのかもしれません。
これで集大成とはとうてい満足・納得は出来ませんが、とにかく4年間頑張ってこられたジーコ監督に感謝の拍手をしたいと思います。
選手の皆さんもお疲れ様でした。
posted by Aorta at 06:50| Comment(0) | TrackBack(33) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1-0のセファリック(イタリア−チェコ)

チェコが予選リーグで姿を消してしまいました。
初戦のアメリカ戦がよかっただけに何とも言えずもったいない感造です造。

ネドヴェドの今日のパフォーマンスを存ると、彼をもうワールドカップで存ることはないんだろうな造ということが寂しいです。
損合終了後にイタリアの選手がネドヴェドに近寄ってその労を造ぎらっていたのが印象的でした。

とは言え、チェコはいいチームでしたが、今日はネドヴェドがキレキレだっただけで、後はあんまりうまく行っていませんでした。
昨日のメキシコと・様、損合開始後の押し込んでいた時卒帯に先制点を取れず、逆にイタリアに先制点を取られて焦ってしまった感造がありました。

・に、一人少なくなった後半はリスクを犯して攻めるも、イタリアのディフェンス陣に押さえ込まれ、たまに作る決定機もブッフォンに好セーブされ、最後はカウンターからピッポにダメ押しされて終戦。

対するイタリアはうまかったです造。
相手のペースのときはうまくしのいで、少ないチャンスから先制点。
後は無理をせずに危なげなく勝ち点3を手にしました。
それにしても、イタリアはガットゥーゾとピルロのバランスが絶妙です。
ガットゥーゾのヒゲも絶妙です。
かっこよすぎます。

もし、万が一、奇跡が起こって、この後の日本−ブラジル戦で日本が勝利して、その他もろもろの条件がそろって日本が決勝トーナメントに進出できたら、1回戦の対戦相手はこのイタリアになります。

日本−イタリア戦存てみたいなー。
いや、むしろガットゥーゾに削られまくる日本代表が存たいだけですけど造。
は造、ブラジル戦に一応期待しましょう。
posted by Aorta at 01:54| Comment(0) | TrackBack(12) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。