2006年06月22日

2-1のセファリック(ポルトガル−メキシコ)

両チームあわせて10枚も黄色い紙が飛び出したイエローカード大乱舞試合だったのがちょっと興ざめでしたが、なかなか面白い試合でした。

特にキックオフ直後から、ポルトガルが先制点を挙げるまでの約5分間が最高に面白かった。
メキシコが小生の理想とするようなサッカーをしていました。

全員で前からガツガツプレスをかけてボールを奪う。
ボールを奪ったらどこかで起点を作り、後ろからどんどん選手が追い抜いていって攻撃を組み立てる。

あれですよ、Jリーグのジェフみたいなサッカーですよ。
とにかく走る。
どれだけ効果的な(?)無駄走りをするか、みたいな。
やっぱりボールを持っていないところでどれくらい走るかって言うのはとっても大切ですね。

そんな面白いサッカーをしていたのに、前半6分にポルトガルがカウンターからメキシコの一瞬の隙を突いて先制点。
これでメキシコのリズムが崩れます。

攻め急ぐような感じで、起点がうまく作れずフリーランニングが生きない。

そんなこんなでメキシコにいやーな空気が流れはじめた頃に、さらにハンドでPKを献上。
これを決められて2−0になります。

その後、セットプレーから1点を返して、メキシコはリズムを取り戻し始めます。
とは言え、開始後5分間のようなサッカーとまでは行きません。

前半が終了し後半が始まってもリズムはやっぱりイマイチ。
それでもポルトガルはさらにイマイチなのでチャンスを作ったりPKを献上してもらったりしますが、決めきれない。

最後は退場者まで出して数的不利になるも、それを感じさせないメキシコらしい攻めをしますが、結局は得点を奪えず2−1で試合終了。

こうして見てみると、前半キックオフ直後のいい流れのときにメキシコが先制点を取れていたらなと思ってしまいます。
あのままの流れが15分続いていたらたぶんメキシコが得点できていたでしょう。
うん、先制点はやっぱり重要。

それにしても、メキシコはよく走る。
体格的にも日本に似てるし、日本もメキシコのサッカーを見習わなきゃ。
posted by Aorta at 03:10| Comment(2) | TrackBack(7) | 観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。