2006年06月19日

0-0のセファリック(日本−クロアチア)

ふー、疲れた。
オーストラリア戦の数倍疲れましたね。
まっ、オーストラリア戦は最後の10分がアレだったので、別の意味で疲れましたが。
とにかく心臓に悪い試合でした。

勝てる試合だったような気はします。
とは言え、クロアチアにとってみれば、日本の数倍は勝てた試合だったでしょう。
日本代表を形容する言葉としてよく「決定力がない」という言葉を使いますが、「決定力がない」の本当の意味を今日のクロアチアは教えてくれました。
あれだけ打っても入らないもんなんだなぁとドキドキしながら感心してました。

とは言え、日本はFWがシュートをまったく打たない。
ほんとにうたない。
泣きたくなるくらい打たない。
高原と柳沢が1本ずつ。
交代のお二人さんは0本。
まっ、これでは点は取れませんわな。
実際、高原と柳沢はどこいたのか分かりませんでしたけど。

MFの人ばかり目立った試合でした。
中田ヒデのミドルシュートはよかったですね。
そのほかも、中田ヒデのプレーはよかったと思います。
マンオブザマッチみ選ばれたみたいですしね。
ミスもちょっと多めだったですけど。

DFの人もいろんな意味で目立ちました。
こんなヒヤヒヤするディフェンスを見たのは結構久しぶりですね。
ラインがずるずる下がったら攻め込まれるし、ラインをがんばってあげてみたら1対1で抜かれちゃいますし。
ほんとにクロアチアの決定力のなさに助けられました。

今日の川口は神でした。
日本のクビの皮をほんの1枚だけつないでくれたのは彼ですね。


全体的にみると、相手の戦い方にお付き合いした、まことに日本らしいサッカーでしたね。
前半の真ん中くらいは日本のペースで進めていたと思いますが、後は相手のサッカーに合わせちゃってやりたいサッカーが出来なかった。
またまた3時からの試合で後半の最後はグズグズでしたしね。

それにしても、日本でのテレビ中継のために2試合も3時から試合をやらされて、たまったもんじゃないですね。
サッカー自体と視聴率(≒カネ)のどっちが大切なんでしょう。
せっかくのW杯なんだから、そんなカネとかいらん横槍なしに純粋なフットボールを楽しみたいですね。
前回のオーストラリア戦と今回のクロアチア戦の影の戦犯はテレビ業界ですよ。
はぁ〜、なんか嫌な感じですね。
posted by Aorta at 00:32| Comment(1) | TrackBack(5) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。