2006年06月13日

1-3のセファリック(日本−オーストラリア)

いや、言いたくはないですけどね、完敗ですね。

ほんと、完膚なきまで叩きのめされました。

前半に日本が入れた得点も審判の怠慢のおかげですし、あんなのまともな審判だったらキーパーチャージでファウルですよ。

その他、特に見せ場も作れずに、最後に集中力が切れて3失点。

後半40分くらいまでリードしていたとは言え、終わってみれば完敗です。

敗因は?

直接の敗因は川口の判断ミスでしょうね。

あそこで不用意に飛び出して失点してしまったことで日本の集中力が切れてしまい大量失点です。

それまでにはそれなりに神的なセーブを見せていただけに、調子に乗っちゃったんでしょうか。

間接的な敗因は?

まっ、日本が追加点取れなかったことでしょうね。

どこかで追加点さえ取れていれば流れは変わっていたでしょう。

まっ、今日の日本の攻撃陣、オーストラリアの守備陣からすれば土台無理な話かもしれませんが。

で、一番根底にある敗因は?

ジーコでしょう。

2年前にジーコをクビにしなかったことが敗因でしょうね。

オーストラリアのヒディングコーチが積極的な選手交代をした一方で、ジーコは何をしたのか。

内容的には完敗の試合でしたが、決して勝てない試合ではなかったと思います。

そのための出来うる限りの采配をジーコがしたとは到底思えません。

ロスタイムに大黒を投入してどうするんですか。

そんな運に頼ったような采配で本当に勝てるんですか。

かなりの消耗を強いられたディフェンスに手を入れなくてほんとによかったんですか。

積極的にFWを投入してくる相手に対して、積極的な対策をとらなくてよかったんですか。

いろいろ言い出すとキリがありませんが、今日の敗戦の根底にあるのがジーコと日本協会にあるのは間違いないと思います。

まっ、ブラジル戦でのボーナスをジーコには期待して、それでこの国を去ってもらいましょう。

後任は誰になるんでしょう。

真っ当な人選をお願いしたいものです。


他にもいろいろ書きたいことはありますが、まとまらないのでここら辺で終わりにします。

今日で日本の終戦の可能性が高くなったわけですが、まだ2試合残っているのでいちおう期待しましょうか。
posted by Aorta at 01:09| Comment(0) | TrackBack(13) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。