2006年06月11日

1-0のセファリック(イングランド−パラグアイ)

優勝候補の一角イングランドが登場とあって、ちょっと期待しながら見ていたものの、ちょっとダルイ展開でイマイチの試合でしたね。

開始早々にイングランドが先制点をとっちゃったのがまずかったですね。
しかもオウンゴールで。
あれといきなりのGKの負傷退場でパラグアイはテンパっちゃって、ボッコボコ。

イングランドもいきなり点が取れちゃったことと、前の方に背の高いロボット兄さんがいることで、安易にロングボールを蹴りまくるまったりぶり。

せっかくのチャンスをイングランドはモノにできずに、徐々に試合のペースは混乱から回復したパラグアイに。

後半になるとさらにそれが顕著に。

ボールをほとんどパラグアイが支配します。

イングランドは暑さでバテバテ。

ほとんど走りません。

ジェフのオシム監督の言葉を借りれば、誰も水を運んでくれません。

もう完全にダルダル状態です。

2年くらい普通に着て、さらにパジャマとして2年くらい着たTシャツの襟のところくらいダルダルです。

ここでパラグアイが点を取っていれば流れが変わって面白かったと思うのですが、状況を打開できる突出したタレントがおらず、こちらも結構グダグダ状態。

で、そのまま試合終了。

サッカーとしていい試合だったとは思わないけど、イングランドにとっては勝ち点3取れたし、まぁいい試合だったんだろうなぁと言う感じの試合でした。

とにかく結果が求められる戦いなので、まあこういう試合もありでしょう。

試合採点は、10点満点で5点。
posted by Aorta at 01:45| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。