2006年06月05日

大場つぐみとセファリック

乙一の『銃とチョコレート』やっと読み終わりましたよ。

感想はまたそのうち書くとして、今回は別件で気になったことを書きます。

それは、『銃とチョコレート』の著者紹介の欄での乙一の紹介文なのです。

紹介文の最後に

小説以外にも、映画脚本、漫画原作、芝居原案などにも関わっている。


という一文があるのです。

映画脚本を書いているというのは『とるこ日記』等いろいろなところに書いてあるので分かります。

芝居原案も本谷由希子さんの劇団のお芝居の原作を書いていたのでOKです。

問題は「漫画の原作」です。

確かに『GOTH』みたいに乙一の小説が漫画になったことはあります。

しかし、これはあくまで小説が漫画になっただけであって、マンガのために原作を書いたわけではありません。

小生の知る限り乙一が漫画の原作を書いたことはないんですよ。

今、小説すばるで『少年少女漂流記』というコミックが連載されていて、これかなとも思うのですが、古屋兎丸という漫画家とのコラボレーションということで、どうも原作という感じではないんですよね。

他にもネットでいろいろ調べてみましたが、乙一が公式に漫画の原作を書いたという話はどこにも出てきません。

じゃあ、この漫画原作というのは何なんだ?と言うことになります。

で、思い浮かぶのが、実は乙一が正体の明らかになっていない漫画の原作者なのではないかということです。

その候補者として真っ先に思い浮かぶのが、先日ラストを迎えて、映画公開も間近に迫った『DEATH NOTE』の原作者大場つぐみです。

大場つぐみの正体は『ラッキーマン』を書いたガモウひろしというのがもっぱらの定説ですが、実は乙一も対抗馬の一人なんです。

『DEATH NOTE』の予想を裏切る展開も乙一ならば納得できます。

乙一はいろんなことを裏切るのが得意ですからね。

しかも乙一は第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞してデビューしてますからね。

ジャンプとのつながりも大きいはずです。


とにかく、『ラッキーマン』みたいなアホな漫画を描いていたガモウひろしが『DEATH NOTE』の原作なんて小生にはとても信じられません。

ぜひとも乙一であって欲しいですね。

とまぁ、こんな小生の願望を『銃とチョコレート』の著者紹介の欄は支持してくれているのではないかなと。

これまでは「漫画の原作」なんて著者紹介の欄にかかれたことなかったのに、『DEATH NOTE』の連載終了のタイミングで書かれ始めたわけですから。

これは結構可能性あるんじゃないでしょうか。

とは言っても、違う可能性のほうが高いですけど。

追記:
デスノートの第1部と第2部の間の休載期が、もっぱら休んでばっかりだった乙一の少ない活動期に重なっているという情報もあります。
これまた乙一の大場つぐみ説を支持していますね。

406270580X銃とチョコレート
乙一
講談社 2006-05-31




4088736214DEATH NOTE (1)
大場 つぐみ 小畑 健
集英社 2004-04-02



posted by Aorta at 02:16| Comment(13) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1−0だよセファリック

サッカー日本代表、W杯前の最後の試合が行われました。

対戦相手は丸太。

ん?丸田?

いやいやマルタ。

で、どこの国?

どうやらイタリアのすぐ近くにある島らしいですよ。

地中海だとかアドリア海だとかその辺り。

ちなみにFIFAランクは120位台。

前置きはこれくらいにして、肝心の結果にいきましょう。


日本代表 1-0 マルタ代表
得点者:'2 玉田 圭司(名古屋)


と言うことで、内容は日本お得意のクソみたいな試合でした。

ドイツ戦のナイスパフォーマンスはどこに行ったんだ!と言いたくなるようなクソみたいな試合でした。

相変わらずジーコの采配は目的がイマイチわかんないですし。

まっ、たぶん本選で出場が危ぶまれている選手に思い出作りの機会を与えてあげたのでしょう。

もしくはあれですね。

オーストラリアとかクロアチアとかを惑わすためにわざとヘボいパフォーマンスを見せたんですかね。

別にここでヘボくても失うものはないですし。

たぶん、今頃ヒディングとかクラニチャルとかは「日本はセットプレー弱いって聞いてたけど、カウンターにも弱いのか。よし、カウンターの練習もしよう!」とか思っているでしょう。

これで、セットプレーにかける練習時間が減って、日本のホントの弱点であるセットプレーの脅威がちょっとはマシになるかも。

ジーコも案外策士ですね。

ジーコ、おぬしもなかなか悪よのぉ。ほっほ。


とまぁ、冗談はこれくらいにしておいてっと。

とにかく、あんまりいい試合ではなかったですね。

ドイツ戦の疲れもあるんでしょう。

あんまりモチベーションが上がらないのも分かる気がします。

前日に結構ハードな練習をしたみたいですし。

言ってみれば、正直マルタに勝ちさえすれば内容なんてどっちでもいいんですよ。

本選に向けての景気づけなわけですから。

そりゃあいい試合をするに越したことはないですけど、ドイツ戦でいいパフォーマンスは見せましたし。

と言うことで、今回はクソみたいな試合だったけど、勝ったことでよしとしよう。

後は本選に向けてじっくり調整してくださいませ。

本選で勝てば小生、文句は何もないです。
posted by Aorta at 00:20| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。