2006年01月14日

山ん中のセファリック

今日2回目の書評です。
今回は・・・
舞城王太郎『山ん中の獅見朋成雄』

これを読むのは今回で確か3回目です。
新書版で先月発売されたので買って読んでみました。
3回目読んでもやっぱり面白いです。
舞城作品の中では1,2を争う小生の好きな作品です。
ちなみにこれと1位を争っているのは『熊の場所』です。
両者とも、過激な舞城作品にしてはバイオレンスが少なめ(あくまでも少なめです。決してないわけではありません。他の穏やかな作家さんの話に比べれば多いくらいです)で、読みやすいです。
まさに、舞城作品への入門といった感じです。

で、話の内容ですが、主人公は背中に馬みたいな鬣(たてがみ)を持つ中学生の獅見朋成雄(シミトモナルオ)です。
彼はオリンピックに誘われるほどの足の速さの持ち主なのですが、それを蹴って近所に住む変人の書家、杉美圃大寛(すぎみほたいかん、通称モヒ寛)に書を習い始めます。
そんなある日、モヒ寛が家の裏山で大怪我をして・・・というところから物語は急展開を始めます。
舞城独特の語り口と、物語のファンタジー性が絶妙にマッチしていい味を出しています。
ファンタジー性と言っても、これはおとぎ話っぽいと言うことではありません。
ある意味おとぎ話なのですが、どっちかというと非現実性といった方がいいかもしれません。

阿修羅ガールの森の描写でも少し思いましたが、舞城氏は『となりのトトロ』が好きなんでしょうか?
『山ん中の・・・』でも、森のトンネルを抜けて秘密の集落にたどり着く場面があります。
思いっきりトトロのイメージじゃないかと小生思うのですが。

あと、この物語を大きく印象付けるのが擬音語です。
墨を磨る音、かみそりが肌をなでる音。
まさに舞城ワールド炸裂といった感じです。

ここまでいろいろ書いてきましたが、実は小生、この物語の大きなテーマについてまだ何も触れていません。
基本的には、成雄君の成長というか、自分とは何かみたいなものがテーマだと思うのですが、別に小生が触れていない大きな要素があります。
ここで小生がそれについていろいろ書いて先入観を植え付けてしまっても興ざめなので、何も書きません。
興味のある人は自分で読んでみましょう。

4061824678山ん中の獅見朋成雄
舞城 王太郎
講談社 2005-12




4061824074熊の場所
舞城 王太郎
講談社 2004-12-07




4101186316阿修羅ガール
舞城 王太郎
新潮社 2005-04




今年読了した本:11冊

ただ、やっぱりちょっと書いておきたいことがあるので隠して書いておきますね。
すでに読んだことがある人、もしくはまったく読む気がない人は別に読んでもおっけーですよー。
続きを読む
posted by Aorta at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

回転木馬のセファリック

今日は久しぶりの書評です。
今日読んだのは・・・
村上春樹『回転木馬のデッド・ヒート』

タイトルに魅かれて買いました。
小生このようなアンバランスなタイトルに弱いです。

この本は春樹氏曰く、小説でもなく、ノンフィクションでもない、事実を基にした言わば「スケッチ」とでも呼ぶべき話の集合体です。
春樹氏がそのことについて前書きで長々と言い訳のようなことを書いているのですが、この前書きは理屈っぽくて、はっきり言って読むのがめんどくさくなる文章です。
気の短い人が読むと、「もうこれが小説じゃないのはわかったし、あなたの心の問題は僕にはどっちでもいいから早いとこ本編始めてくださいよ」と思うに違いありません。
一応書いておくと、小生はこんな風にはおもいませんでしたよ。
小生は気が長いですし、一人称は「僕」ではなく「小生」なのでまるっきり違いますね。

それはともかく、内容はなかなかよかったです。
まぁ、例に漏れずオチのない話の連発なのですが、なんと言うか、ちょっと不思議もしくは面白い体験をした人の話をうまい聞き手が聞いて、うまくまとめたという感じの作品です。
これはまさに、さっきの無駄に長い前書きに書いてあったことなのですが、春樹氏は人の話を聞くのがうまいのだと思います。
小生も人の話を聞くのは好きなので、この前会得した村上春樹を楽しむ何原則かを守ればとてもいい読書になりました。

小生は、「プールサイド」・「雨やどり」なんかがそこはかとなく気に入りました。

今年読了した本:10冊

4062749068回転木馬のデッド・ヒート
村上 春樹
講談社 2004-10



posted by Aorta at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。