2005年12月11日

ヒジ王セファリック

少し前の話になる。
小生は、大学の学園祭でセファとセファの友人達と模擬店をやっていた。
そこにセファの高校時代の友人たちがふらりと現れた。
いろいろ紆余曲折があったりなかったりして、学祭が終わった後その人たちと飲むことになった。
そこで小生は笑劇の事実を知ってしまった。
セファの高校時代のあだ名を知ってしまったのである。
そのあだ名とは「ヒジキング」
髪がひじきっぽいからだそうだ。
セファが世の中に数多くあるひじきの王だったとは小生恐れ入った。
これからはたまにヒジキングと呼んであげることにしようと思う。
さぁ、皆さんもご一緒に「ヒジキング〜」
posted by Aorta at 19:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

テストが終わったセファリック

小生、今日までテストがあったのでしばらく更新することができなかった。
それをここに深くお詫びする。
今後はセファの天然を世間に知らしめるという崇高な目的のために邁進することを誓います。

更新していなかったこの数週間の間にセファには色々なことが起こった。
警官に職質をかけられかけたり、酒を飲んで人にからみまくったり、自転車のサドルがいつの間にか逆を向いていたり・・・。
まさに波乱万丈である。
そんなセファをお土産とともに見舞うことが最近小生のマイブームである。
そのお土産の発端はセファの某友人がセファに持ってきた「冷凍青汁」である。
いかにもまずそうな青汁だったが、なんだかんだ文句を言いながら半ば凍った青汁をセファは飲んだ。
セファの一口飲んだ感想は「まずっ」でも「にがっ」でもなく、「くさっ」だった。
さすがに「くさっ」はないだろうと小生たちは大笑いしたのだが、後で自分でも一口飲んでみると思わず出た感想は「くさっ」だった。
セファと同レベルで小生本当に悲しかったが、本当に青臭くてまずかった。
あまりにまずくて、思わず半ば凍った青汁をセファが書いていたレポートの上にこぼしてしまった。
このときは、まさに笑いの神が降りてきていた。
周りは大爆笑。
さすがセファ。
彼は微妙に緑に染まったレポートを提出していた。

それに習って、小生もセファを訪ねるときはお土産を持参することにした。
この前はまねをして冷凍青汁を持って行った。
今日もセファを訪ねたのでお土産を持っていくことにした。
一緒にいたA山君と色々選んだのだが、結論として愛犬用のチューインガムを持っていくことにした。牛の皮を犬の大好きな骨状にしたものである。
セファなら食べてくれると思ったのだが、未だに食べてくれていない。
小生セファは食べてくれると信じている。
ぜひ感想をコメントして欲しいものである。
posted by Aorta at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。